ライターの仕事内容とは 編集者やジャーナリストとの違い、仕事例を紹介

ライターとは、編集者やクライアントから依頼を受け、さまざまなメディアに掲載する記事を書く人とのことです。

より深みのある記事を書くために取材やインタビューを行ったり、記事をまとめていくための編集業務を担うこともあります。

ここでは、ライターの業務内容や仕事の流れなどについて解説していきます。

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

ライターの仕事とは

メディアに掲載する記事を書く

ライターとは、取材や資料の収集をして、雑誌・書籍・Web・フリーペーパーなどに掲載される記事を書く人のことです。

出版社の編集者やクライアントから、「こういうメディアに載せるための文章を書いてほしい」という依頼を受けて仕事をします。

取材やインタビューをすることも多い

ライターというと、紙やパソコンに向かってひたすら文章を書くイメージが強いかもしれません。

しかし、より深みのある記事を書くために現場取材をしたり、関連する人物にインタビューをしたりしながら文章を作成することも多いため、人とのコミュニケーションの機会も意外と多いです。

編集業務を担うことも

なかには記事の執筆だけではなく、その後のレイアウトやデザイン、編集業務までライターが請け負うこともあります。

経験豊富なライターのなかには、任されたページを丸ごと作りあげる人もいます。

その際はパソコンを使ってDTPによる編集を行うため、専用ソフトのスキルや編集の知識も必要です。

ライターの業務の内容

文章の内容はさまざま

ライターが書く文章の内容は、媒体の特性や種類によってさまざまなものとなります。

大切なのは、「何のために・誰のために書くのか」という目的やターゲットを踏まえたうえで、ピントの合う文章を作り上げていくことです。

最近は時代の変化により、インターネット上に掲載される文章を書く機会が増えています。

いわゆる「Webライティング」といわれるジャンルで、ホームページに掲載する記事から、ブログの代筆・ニュースサイトの情報更新・メルマガなど、さまざまなところにライターの仕事があります。

ライターの得意分野

ライターといっても、その活躍の場はじつに幅広く、ゲームなどのストーリーを手掛けるシナリオライターがいれば、ゲーム内の会話などを執筆するライターなどもおり、さまざまです。

このほか、芸能人や経営者などの代わりに書籍執筆を行う「ゴーストライター」、広告やバナーのキャッチコピーをつくる「コピーライター」なども、ライターの一部に含まれます。

ライターには広く深い知識が求められますが、ほとんどのライターはすべての仕事を請け負うのではなく、自分の得意分野を持ち、それを強みに仕事をしています。

活躍の場は多種多様であるため、自分がどの分野に強いのかを見極めることも必要となってくるでしょう。

ライターの役割

ライターの役割は、クライアントの意図を汲み取り、読者に正しく伝えていく文章を書くことです。

ライターが書く文章は「クライアントがお金を出してまで多くの人に周知させたい情報」のため、より多くの人に読んでもらえるよう、目的やターゲットを意識して文章を書かなくてはなりません。

また読者をひきつける文章であることや、読みやすい文章を書くことが求められます。

ライターの勤務先の種類

ライターの多くは、フリーランスで活躍しており、特定の企業に所属していない人がほとんどです。

出版社や編集プロダクションで編集者として経験を積んでライターとして独立する人もいれば、ライター養成スクールに通ってフリーのライターになる人、あるいは編集プロダクションのアルバイトとしてスキルアップしていく人などがいます。

また、近年ではクラウドソーシングサービスやワークシェアリングサービスを利用し、独学でライターになる人も増えています。

ライターの仕事の流れ

Webライティングの場合

  1. 1.仕事受注

    Webライティングの場合、仕事を請け負うとまずマニュアルに目を通します。

    守秘義務、引用などコンプライアンスの契約内容から、ライティングの際の注意点を熟知したうえで、文章を書かなくてはなりません。

  2. 2.執筆

    企画に基づき、ライティングのルールに沿って、ふさわしい記事を執筆します。リサーチが必要な場合には、参考資料を集めて、内容を確認しながら書いていきます。
  3. 3.納品

    記事が書けたら、クライアントに納品します。

    クライアントは記事をチェックして、引用は正しく行われているか、コピペされていないか、文体や文字数はきちんと守られているか、といったことを調べます。

    修正すべき点があれば、該当箇所を書き直して再び納品し、OKが出るまで繰り返します。

雑誌などで執筆する場合

雑誌の記事を担当する場合も、基本的には出版社などのクライアントから依頼を受けて、その内容に基づいた記事をスケジュールに合わせて書いていきます。

  1. 1.取材

    より深みのある記事を書くために、取材をすることもあります。編集担当者があらかじめ取得したアポイントの日時に合わせて取材に出向きます。

    後から内容を振り返れるように、インタビュー内容を録音したり、現場の様子を写真におさめたりメモしたりしておきます。

  2. 2.執筆

    取材内容を記事としてまとめ、仕上げていきます。

    取材が必要でないものに関しては、自分で資料を集めたりネタ探しをしたりして、クライアントの要望に沿う記事を執筆します。

  3. 3.納品

    記事が完成すると、原稿を編集者へ納品します。

ライターと関連した職業

ジャーナリストとの違い

ライターもジャーナリストも、明確な定義というものはありません。

両者の大きな違いは、ライターはクライアントからの依頼を受け、あらかじめ決められた意図や構成に沿って記事を書くのに対し、ジャーナリストは主観や自分の主張を前面に押し出した文章を書くということです。

また幅広いジャンルで活躍するライターに対し、ジャーナリストの多くは主に社会問題や時事問題をメインとして活動しているのが特徴です。

ジャーナリストの仕事

ライターと編集者の違い

編集者は、書籍や雑誌・漫画などを作るにあたって、企画から取材、記事編集などの一連の仕事を担当する職業です。

自ら取材をして記事を書くこともありますが、ライターなどへ記事の執筆を依頼し、集まってきた原稿をチェックしてまとめていくのが本業です。

編集者の仕事

ライターの仕事内容のまとめ

ライターはクライアントの要望を受けて、読者にわかりやすい文章を書くことが主な仕事です。
う。
クライアントがお金を出してまで多くの人に周知させたい情報であり、「何のために・誰のために書くのか」を忘れてはいけません。

一から文章をつくり出すのは大変なことですが、クライアントの意図を汲み取り、うまく文章が書けたときは大きな達成感を感じることとなるでしょう。