このサイトは画家を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「画家」

仕事内容
画家とは、絵を描いて自分の作品を売り、生計を成り立たせている人のことを言います。日本の画家は日本画家と洋画家に分けられており、作画に使用する材料や手法はそれぞれ異なります。また最近はグラフィックソフトを用い、デジタルで作画する画家も登場しています。画家は、基本的に自分一人で仕事をしますが、美術団体に所属し、展覧会に出品したり他の画家のクオリティチェックをしたりしながら、自分の絵を追究する人もいます。
なるには
画家は「この資格があるから画家」という職業ではないため、誰でも好きに画家と名乗ることができます。とはいえ、多くの人に認めてもらうためには、著名なコンクールで賞を受賞することや、メディアに取り上げられることが必要であり、美術系大学で基礎的な絵の勉強をするのは、画家になるための一つの方法と言えるでしょう。しかし、年齢や学歴は問われないため、若くして画家デビューする人や、定年後に画家として第二の人生を歩む人もいます。
給料
画家の収入は、基本的に自分の描いた作品の売上となります。作品の価格設定は自由で、世界的に著名な画家の絵は1枚1億円以上で落札されるケースもあります。その絵に魅力がなければ売るのは難しいですが、逆に絶賛される作品は想像を絶する価格で売れる可能性もあるなど、ある意味とても不安定な仕事だと言えるでしょう。安定して売れる画家になるまでは、副業をして生計を成り立たせている人も多くいます。
将来性
画家は昔から必要とされてきた職業ですが、近年はIT技術の進歩によりデジタル媒体を主として活躍する画家が増え、自分の作品を手軽に発表するチャンスも増えています。しかし、画家はあくまでも実力主義。さらに、その収入は時代の経済状況に影響される面が大きく、いくら魅力的な絵を描いても不景気が続くと作品が売れ残ったり、安い価格で落札されるケースも増えがちです。画家として活躍し続けるには相当の覚悟も必要と言えるでしょう。