ライターの需要・現状と将来性

ライターの現状

本来、ライターといえば、編集者から依頼を受けて取材をして文章にまとめあげたり、媒体の特性に合った専門的な記事を執筆したりと、それなりの専門性を持つ人が大半を占めていました。

しかし最近では「Webライター」といわれる新しいジャンルのライターが増えています。

Webライティングの世界では、従来の雑誌や書籍などの原稿料に比べると、極めて安価な報酬の仕事も多く、さほど文章の質が問われないケースも多々あるため、ライターの仕事をすること自体のハードルは下がっているといえるでしょう。

一方、安価な報酬の案件だけで生計を立てていくことは難しいのが実情で、ライターとして生活できるのはごく一部のライターに限られており、多くは別で本業を持っていたりアルバイトなどをしたりして生活を成り立たせているようです。

ライターの需要

かつてライターは出版業界を中心に活躍してきました。

しかしインターネットの普及によって「紙からWebへ」の流れが加速したことにより、ライターの活躍の場や仕事内容なども次第に変化を見せています。

さまざまな媒体に記事を執筆するライターは今後も一定の需要がある職業だといえ、今後はよりWebライティングをするライターが増えることが予想されますが、生活を成り立たせることは簡単ではありません。

ライターの将来性

ライターとしてより活躍していきたいと考える場合は、今後はより専門性を高めていかなくてはならないでしょう。

サイエンス・スポーツ・ビジネス・教育など、ライターとして何かしらの専門分野を持っているような人は、活躍のチャンスが広がる可能性が高まります。

また、ライターは部屋にこもって原稿を執筆するだけの仕事と思われがちですが、対面取材や編集者との打ち合わせなど、他人とのコミュニケーションが重要といえる場面も多々出てきます。

人脈づくりや信頼関係を構築しながら地道に実績を積み重ねることで、長く生き残れるライターになれることでしょう。

ライターの今後の活躍の場

ライター自身の質が問われる

近年、信ぴょう性に問題のある内容を記事にしたことや、十分な取材をせず根拠のない内容を記事にしたことなどで多くのキュレーション(まとめ)サイトが閉鎖になる事件がありました。

こうしたサイトは世間から大きなバッシングを浴び、インターネット上でもいわゆる「炎上」状態となったことから、メディアはコンプライアンスに非常に敏感になっています。

メディアの意識が変わることにより、ライターが書く文章だけでなくライター自身の質も問われることとなるでしょう。

「どんな文章を書いたか」よりも「誰が書いたか」が重要になるため、自分を打っていくためには、クライアントとのコミュニケーションをしっかりとり、誰からも信頼される文章を書くことが大切です。

オリジナリティのある文章を

AI(人工知能)の発達により、今後は簡単な文章や記事はAIが自動生成するようになることが予測されます。

誰にでも考えられるような簡単な文章であれば、どんどんAIが作り出していくようになるでしょう。

特にWebライティングのようなSEOの知識やキーワードが必要な文章はAIの得意分野のため、これが一般に広まれば多くのライターが失職する恐れもあります。

ライターが淘汰されていく中、今後はオリジナリティがあり「そのライターならでは」の文章を書くことができる人が生き残っていくと考えられます。