DTPデザイナーの就職、求人、募集の状況

DTPデザイナーの求人は減少傾向に

DTPデザイナーの求人は、ひと昔前に比べると少なくなっているといわれます。

その大きな理由として、インターネットの普及によって紙媒体からWeb媒体への流れが加速しており、最近ではWebデザインができるデザイナーのニーズが伸びていることが挙げられます。

一方、ポスターやチラシ、雑誌、カタログといったような紙媒体のデザイン・レイアウトを行うDTP自体の需要は減ってきているといわれ、それにともなってDTPデザイナーの求人も減少傾向にあるようです。

しかし、それでも紙媒体の需要がまったくなくなっているわけではありません。

制作会社では、まだ新規でDTPデザイナーの求人も出ています。

しかし、制作会社は規模の小さな会社も多く、欠員が出たら募集をかけるということがほとんどです。

募集人数は決して多くないため、タイミングも重要になってくるでしょう。

こまめに情報をチェックする必要があるといえます。

求められるスキルは?

DTPデザイナーは、「学歴・経験不問」で募集されることも多いようです。

しかし、スキルについては、PhotoshopやIllustratorといったグラフィック系のソフトをひと通り扱える程度のレベルが求められるでしょう。

これらのソフトは自分でそろえて独学で学ぶこともできるため、専門学校などに通っていない場合でも、勉強しておいたほうがよいでしょう。

なお、アルバイトとして入社する場合は、スキルがほぼないに等しいところからでもアシスタントとして働ける可能性もあります。

就職試験の準備はしっかりと

DTPデザイナーの就職試験では、一般的な履歴書のほか、作品集や実績集、いわゆるポートフォリオの提出を求められることがあります。

ポートフォリオの作り方やポイントは、インターネット上にも数多く出ています。

ポートフォリオの提出を求める企業では、応募者がどの程度のスキルやを持っているのかを確認することで、即戦力となれる人を採用したいと考えておいてよいでしょう。

とくに経験者を対象とする求人に応募する際には、事前に準備しておきましょう。