コピーライターのつらいこと・大変なこと・悩み

コピーライターのつらいこと・大変なこと

「生みの苦しみ」を味わう仕事

第一線で活躍しているコピーライターでも、ときにはアイデアがなかなか思い浮かばないこともあるそうです。

ノートを何ページも使ってコピーのアイデアを書き連ね、ようやくひねり出したものでも、クライアントからOKが出るとは限りません。

まさに「生みの苦しみ」を味わう仕事なので、ときに胃の痛くなる思いをすることもあります。

それだけに自分も周りも満足いくコピーができ上がったときは、何物にも代え難い幸せな気分が味わうことができるでしょう。

マーケティングや広告に関する知識と理論も必要

コピーライターは、さまざまな媒体の特性や効果を把握してコピーを作ることはもちろん、その費用対効果まで考慮した上でスポンサーへ提案しなくてはなりません。

とくに近年ではインターネットをはじめとするデジタル系媒体で必要な、個々の消費者にダイレクトに響くコピーワークが重要視されてきています。

かつてコピーライターに求められていたスキルは、「いかにクライアントの企業イメージや商品のイメージを伝えるか」ということで、センスのいいコピーワークが主流でした。

しかし、現在ではただセンスがいいだけでは採用されない場合が多々あります。

最近のコピーライターには、より高度なマーケティングの知識や理論が求められています。

文章のうまさだけでなく、多岐にわたる広い知識とプレゼン力も必要とされる、きわめて難しい仕事だといえるでしょう。

コピーライターの悩み

コピーライターとして活躍している人たちは、素晴らしいコピーを生み出すために、日々発想力を磨いています。

街中にあふれるコピーをチェックして、「おっ!」と思うものがあればメモをとり、ネタになりそうな情報集めに必死です。

どんなに才能があっても、何も努力せずに良いコピーを書くことは大変難しいでしょう。

コピーライターはアイデアや発想力で勝負する仕事でもあるため、コピーライターになると、寝ても覚めても新しい仕事の案件のことを考え、身の回りのあらゆることを仕事に生かせないか考えるようになります。

そして、日常生活であふれるたくさんのコピーに目をやり、自分なりに分析したり、使えそうなアイデアをメモしたりするようになります。

プライベートと仕事の垣根があまりなくなってしまうことは、コピーライターの職業病といえるかもしれません。

コピーライターを辞める理由で多いものは?

コピーライターのスキルは学校で学ぶことはできないため、一人前のコピーライターとして活躍するまでには先輩コピーライターのアシスタントとして働き、現場で技術やノウハウを身に付ける必要があります。

また、締め切り前になると大幅残業や休日出勤、徹夜になることもあり、その点では過酷な業務になるかもしれません。

苦労して考えたコピーが一刀両断でボツにされることも多々あり、精神的にもタフでないと務まらない仕事だといえるでしょう。

実際、なかには心身ともにハードな仕事で疲れ切ってしまい、早い段階でコピーライターを辞めてしまう人もいます。

自ら望んでコピーライターになる人はたくさんいますが、この仕事を第一線で長く続けていくには、広告制作に対する情熱が不可欠です。