ライターと編集者の違い

ライター編集者の仕事内容の違い

ライターは原稿を書く仕事

ライターの中心業務は「記事を書くこと」です。

編集者から「こういう内容の原稿を書いてほしい」と依頼を受けて、タイトルやコンセプト、企画に合わせた記事を執筆し、編集者に納品します。

編集者とは密な関係となりますが、ライターが自分で企画をすることはあまりなく、あくまでも依頼を受けて書くというのが基本的なスタイルです。

一連の仕事を担当する編集者

一方編集者は、書籍や雑誌、漫画などを作るにあたって、企画出しから予算どり、取材、記事編集などの一連の仕事を担当します。

「この情報を多くの人に広めたい」という思いを基に企画を立て、誌面にして読者へ届けます。

自ら取材をして記事を書くこともありますが、たいていはライターなどへ案件を依頼し、集まってきた原稿をチェックしてまとめていきます。

働き方の違い

編集者もライターも、出版社や制作プロダクションなどの企業に勤務する場合と、フリーランスとして活動する場合の2種類に大きく分けられます。

出版社で編集職に就いていた人が、ある程度の経験を積んで、ライターや編集者として独立するケースも比較的よく見られます。

ライターと編集者両方の業務内容をよく理解し、それらに必要なスキルを持っていると、仕事の幅を一気に広げることができるでしょう。

ライターは編集者から依頼を受ける機会が多いですが、それは上下関係というよりも、ビジネスパートナーとしてお互いによいものを作っていく意識が求められます。

編集者の仕事

ライターと編集者のなる方法・資格の違い

ライターは出版社などで経験を積んで独立する人もいますが、独学でライターとして活躍している人も多くいます。

編集者になるには、まず出版社や編集者をかかえる編集プロダクションに就職という方法がメジャーで、人気の職業ということもあり、採用試験の倍率は数十倍から百倍を超えることも少なくありません。

ライターと編集者の資格・必要なスキルの違い

ライター・編集者ともに特別必要とされる資格はなく、資格を持っていると就職や業務上で有利というものもありません。

ただし両者とも「得意分野」があることは大きな強みとなり、得意分野があることで、その知識を記事の作成や本づくりに生かすことができます。

ライターと編集者の学校・学費の違い

ライターには特別な学歴は求められず、文章を書く力さえあればだれでもライターになることができます。

編集者の場合、大手の出版社の多くは採用条件を「大学卒以上」としているため、大学への進学は必須です。

人気の職業のため、どうしても高学歴の学生のほうが採用試験時に有利になります。

ライターと編集者の給料・待遇の違い

ライターの場合はフリーランスとして働く人が多いため、収入はどうしても不安定になりがちです。

一方、編集者は毎月一定の給料をもらうことができます。

年収は250万円から700万円と人によってだいぶ異なりますが、平均は400万円から500万円の間くらいといわれています。

ライターと編集者はどっちがおすすめ?

ライターと編集者はともに仕事をすることも多いですが、仕事の仕方には大きな違いがあります。

文章を書くことを専門にしたい人はライター、本や雑誌作りに総合的に関わりたい人には編集者がよいでしょう。

また、ライターはどうしても収入が不安定になりがちなため、安定した仕事と収入を得られるという面では、編集者を選ぶ人が多いようです。