ライターがフリーランスとして独立するには?

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

フリーランスのライター

フリーランスで働く人も多い職業

ライターという職業は、フリーランスで働くことも多い職業です。

編集プロダクションなどに勤務して社員やアルバイトとして働くライターもいますが、個人で仕事を請けながら生活しているライターも大勢います。

一般的には、出版社などで編集やライティングの仕事に携わっていた人が独立し、フリーランスになるケースが多いようです。

フリーランスのライターの仕事の仕方

フリーランスのライターは、いわゆる個人事業主として生活します。

会社勤めの場合のように会社の仕事を割り振られて担当するのではなく、基本的に自分で営業をし、自分の力で仕事を得なくてはなりません。

収入は案件ごとの「報酬」となり、限りなくゼロに近い人がいる一方、上限なく稼ぐ人もいます。

経験や実力に応じて報酬をアップさせていくことができるため、平均的な会社員より多くの収入を得ることも可能ですが、会社員のような待遇がなく、仕事の増減によって収入にも波が出やすいというデメリットもあります。

ライターの独立

会社勤めから独立しフリーランスへ

ライターとして独立する人の多くは、編集プロダクションやWebメディア企業などで編集・ライティングに携わり、そこで経験を積んでフリーランスとなっています。

独立して成功するのは簡単なことではないため、まずは会社でライターとしての基礎的なスキルを身につけ制作の流れを理解し、ある程度の人脈などを構築してから独立するのが一般的です。

独立までの期間は、1年程度から5年以上のキャリアを積んでからという人までまちまちです。

未経験からフリーランスに

近年ライターの需要は大きく「記事をリリースしたい」「インタビューをして文章にまとめてほしい」といったニーズを持つさまざまな企業が、必要に応じてフリーランスのライターの求人を募集しています。

とくにWebコンテンツを書くライターの求人が増えており、経験が浅かったり未経験者だったりしても仕事を始められるものが多くあります。

フリーランスのライターにとっては仕事が見つけやすくなっているといえますが、紙媒体に比べると低い単価の案件も増えており、時間をかけて執筆しても、それだけでは生活できるほどの収入にならない可能性があります。

フリーランスのライターとして安定して仕事をしていくためには、日々のスキルアップに励むと同時に、積極的に仕事をとっていく営業力も必要になります。

独立のために必要なこと

ライターは身ひとつで仕事ができる仕事であり、パソコンとインターネット環境があれば、特別な道具や資格は必要ありません。

ただし独立するのであれば、「ライターとしてどのような記事を書いていくのか」を考えることが大切です。

独立して仕事をしているライターは、大きく「注文を受けたテーマで記事を書く人」と「自分が考えたテーマで記事を書く人」の2通りに分けられます。

注文を受けることを中心業務にするのであれば、クライアントのさまざまな要求やニーズに対応できるだけの知識、技術が必要です。

特定の分野については非常に詳しいなど専門性がある人が重宝されることも多いですが、幅広いテーマをまんべんなく書ける人もニーズがあるため、もし自分がテーマを考えていくのであれば、読者を満足させるだけのオリジナリティある視点が必要です。

独立して成功するとは限らない

ライターには独立に憧れる人が多くいるようですが、誰もが成功できるとは限りません。

ライターの場合、特別な資格や道具が必要ないため手軽に独立に挑戦できるのが魅力といえますが、反面成功させるには並々ならぬ努力が必要です。

ライターの世界は人脈が重要で、人のつながりで新しい仕事を紹介してもらえることも多くあるため、将来の独立を見据えている人は、企業勤め時代に積極的に顔を広げておくなど、計画を立てて動くようにしておきましょう。