イベントプランナーになるには

イベントプランナーになるために、必要な資格はありません。

広告代理店やイベント制作会社への就職を目指すことが第一歩になるため、学生のうちにアルバイトやイベントを見て感性を磨くなどするとよいでしょう。

また、大卒以上の学歴を求めるところがほとんどで、大手になればなるほど、難易度の高い大学を出ていたほうが有利になるといわれます。

本記事では、イベントプランナーになるまでの道のりなどを紹介します。

イベントプランナーになるまでの道のり

学生のうちに感性を磨く

イベントプランナーになるにあたって、必要な資格はありません。

学生のうちに

  • さまざまなイベントを見て感性を磨いておく
  • イベント会社でアルバイトとして働いてみる

などもよい方法です。

イベントプランナーの仕事の実態が理解できると同時に就職時のアピールポイントにもなるため、自分の気になる会社のイベントなどがあったら積極的に足を運んでみましょう。

広告代理店やイベント制作会社に就職

イベントプランナーになりたい場合は、広告代理店やイベント制作会社に就職することが第一歩です。

こうしたイベントを手掛ける企業は数が多いため、まずは自分の好きなイベントをプランニングしている会社を調べてみるとよいでしょう。

また、大手の企業だけでなく、地元に根付いたイベントを企画する会社や特定のイベントを専門に行う会社もあるため、自分がどのような働き方をしたいのかじっくり企業研究することが必要です。

イベントプランナーになるまでのルート

イベントプランナーの資格・難易度

イベントプランナーになるために特別な資格は必要ありませんが、「日本イベント産業振興協会」がイベントに関する資格を認定しています。

ほかにも、

  • イベントについての体系的な基礎知識を学ぶ「イベント検定」
  • スポーツイベントに関する知識を学ぶ「スポーツイベント検定」
  • 海外など国際的なイベントや障がい者イベントに関するイベントを学ぶ「ユニバーサルイベント検定」
  • イベントのプロフェッショナルを養成する「イベント業務管理士」

などがあります。

とくにイベント検定は、実務経験がなくても受験ができるため、イベントプランナーを目指す人にもおすすめの資格です。

一般社団法人日本イベント産業振興協会 ホームページ

イベントプランナーになるための学校の種類

広告代理店やイベント企画会社で働きたい場合は、大卒以上の学歴を求めるところがほとんどで、大手になればなるほど、難易度の高い大学を出ていたほうが有利になるといわれます。

学部・学科はとくに問われませんが、企画やマーケティングの勉強は就職後に役立つため、

などの文系出身者が多いようです。

また、専門分野のイベントを手掛けたい場合には、専門学校で特定の分野を学ぶのもよいでしょう。

たとえば、

  • 音楽イベントの場合=音楽ビジネス系
  • ブライダルイベントの場合=ブライダル系の専門学校

などが考えられます。

ほかにも、

  • マスコミ関連の専門学校
  • イベント全般のプランニングを学べる学校
  • 音楽大学出身者

など、さまざまな学歴の人がイベントプランナーとして働いています。

イベントプランナーになるためにはどんな学校・大学学部にいけばいい?

イベントプランナーに向いている人

イベントプランナーはクライアントと打ち合わせを重ね、目的達成のために頭を悩ませながら魅力的なプランを作り上げていきます。

感性が求められるこの仕事では、専門知識や経験のみならず仕事に対する情熱も不可欠です。

多くの人の心をつかむイベントを企画するためには、

  • 常に新しいものを追い求める姿勢
  • 好奇心の強さ
  • 流行を読み解く鋭い時代感覚

も必須です。

イベントプランナーに向いている人・適性・必要なスキル

イベントプランナーのキャリアプラン・キャリアパス

イベントプランナーは新卒で採用されることは少ない職業です。

まず事務や営業などを経験してイベントのノウハウを身に付けたあとに配属されることが多く、とにかく経験がものをいいます。

また、即戦力となる経験者を求めることが多いため、さまざまな現場を経験し、結果を残していくことが重要となります。

たとえば、

  • ある程度の実力
  • 人脈
  • 経験

などを身に付けたのち、自分でイベント会社を立ち上げたり、フリーランスとして活躍したりする人もいますが、フリーランスのイベントプランナーはまだまだ少ないのが現状です。

将来的にフリーランスを目指す場合でも、まずは企業で経験・実績を作り、人脈を作っていくことが大切です。

イベントプランナーを目指せる年齢は?

イベントプランナーは、一般的な職業に比べると平均年齢が若いのが特徴です。

理由として、

  • イベントの対象年齢が若年層である場合が多い
  • 体力が必要な仕事

であることが挙げられます。

経験が重要視される仕事であることからも、イベントプランナーを目指すのであればできるだけ早いうちから行動をとるほうがよいでしょう。

もちろん、年齢を重ねるとイベントプランナーとして働けなくなるわけではありません。

イベントプランナーとして経験を積むと、イベント全体を総括するイベントプロデューサーとして働く場合もあります。

「イベントプランナーになるには」のまとめ

イベントプランナーになるためには、若いうちから感性を磨き、できるだけよい学歴で就職を目指す必要があります。

学歴や知識だけでなく、イベントプランナーという仕事への情熱、流行を読み解く時代感覚なども必要不可欠です。

広告代理店やイベント制作会社に就職後、経験を重ねることでイベントプランナーとしての道が拓けていきます。