テクニカルライターの仕事内容、なるには、資格、給料、求人

テクニカルライターの仕事内容

機器の取扱説明書を作成する

テクニカルライターの仕事は、電化製品などの機器の取扱説明書を作成することです。

対象機器は電化製品、自動車、パソコンなど多岐に渡ります。

働き方には、企業に勤めて自社製品の取扱説明書を作成する、編集プロダクションに所属して顧客先の案件を担当する、などのパターンがあります。

テクニカルライターは、新製品が開発されると開発担当者から製品の機能や使い方を説明してもらい、説明書の作成に取り掛かります。

取扱説明書とは、はじめて製品を手に取るユーザーが読んで使い方を理解ができるものでなければいけません。

そのためにテクニカルライターには、丁寧にわかりやすく文章を書くことが必要とされます。

個人的な感想、推測は排除し、必要な情報を簡潔な文章にまとめます。

また文章だけでなく、図の位置や色、用紙・文字の大きさなども工夫して説明書を作成します。

テクニカルライターになるには

企業で働きながら仕事を覚える

テクニカルライターになるには、メーカーやIT企業に就職し、取扱説明書を作成する部署に配属され、働きながら仕事を覚えていくというのが一般的です。

未経験でもテクニカルライターになることが出来ます。

特別な資格や免許は必要はありません。

また、特定の学校に通う必要もなく、出ておけば有利という学部もありません。

ただ、就職先の業界知識があると有利でしょう。

たとえばパソコンを扱う会社であれば、インターネットやWebサービスなどの知識があるといいです。

勤務するまでに業界知識を勉強しておきましょう。

またテクニカルライターの仕事は最初から最後まで一人で案件を担当することが特徴であるため、自分自身を管理する能力や、スキルを磨き続ける向上心が必要とされます。

テクニカルライターの給料・年収

重宝されれば高い報酬が期待できる

テクニカルライターの給料・年収は所属する企業によってかなり異なります。

それは、その企業がテクニカルライターを重宝しているかどうかによるからです。

新製品の数が多い企業、またそういった顧客を持つ企業であれば、その分製品の取扱説明書の作成も必要になるのでテクニカルライターが重宝されます。

逆にそうでない場合、給料・年収の高さはあまり期待できないでしょう。

また実力を付け、実績を積めば昇給の可能性があります。

テクニカルライターのやりがい、楽しさ、魅力

仕事の範囲は更に広がり期待されている

テクニカルライターはいろいろな製品の案件を担当するため、幅広い知識を身に付けることができます。

最近では周辺機器との連携機能を持った製品も増え、製品の機能や操作方法が複雑化しています。

よってテクニカルライターは、これまで以上に幅広い知識を身に付けることができるのです。

また説明書の種類も外国語のものや、音声や動画を利用する電子マニュアルも増えているので、文章力以外のスキルも身に付くでしょう。

テクニカルライターの仕事の範囲は広がり、活躍の場は増えています。

テクニカルライターのつらいこと、大変なこと

求められるスキルレベルが高い

テクニカルライターの仕事をする上で大変なことは、求められるスキルのレベルが高い点です。

テクニカルライターは一般的なライターと違って、個性的な表現や不明瞭なことは書かないといったことが許されません。

また取扱説明書を作成するにあたり、自分で製品を使って、機能をしっかり理解することも求められます。

更に最近増えている製品の複雑化から、より幅広い知識を身に付ける必要があります。

その上で、どんな人でも読んで理解できるようなわかりやすい文章を書くことが求められるのです。

テクニカルライターの向いている人、適性

モノづくりが好きで教えることが上手い人

テクニカルライターに向いている人は、一般的なライター同様、文章を書くことが好きな人です。

加えて、モノづくりが好きである人がテクニカルライターに向いています。

製品の機能や使い方をユーザーに説明する上で、それがどのような過程で作られているのかを知っていることは強みになります。

また人に教えることが好きという資質も適性があります。

人に上手に教えられる人は、どう説明したら相手が理解できるかを考えられるので、テクニカルライターに向いているでしょう。

テクニカルライターの雇用形態・働き方

独立できれば在宅勤務も可能

テクニカルライターの働き方は、企業で取扱説明書を作成する部署に所属するのが一般的です。

また経験を積めば、編集プロダクションに所属し、自分の得意な領域のプロジェクトにアサインされるという働き方もあります。

独立すれば、在宅勤務も可能です。

企業から仕事を請け負う、クラウドソーシングを利用して案件を受注するといった方法で、在宅でも勤務は可能でしょう。

ただし前述したようにテクニカルライターには幅広い知識やスキルが必要とされるので、経験が浅いうちは在宅勤務は難しいです。

まずは独立を目指し、企業で働いて知識やスキルを身に付けましょう。

テクニカルライターの現状と将来性・今後の見通し

今後、活躍できる場が増えていく傾向

現在、テクニカルライターの仕事の範囲は広がっています。

最近では周辺の機器と連携して利用するなど、機能や使い方が複雑化する機器が増えています。

よって今後、テクニカルライターには、これまでの知識に加え、幅広い知識が必要とされるでしょう。

また、取扱説明書の外国語対応や電子化といった案件も増え、単に文章を書く以外のスキルも求められていきます。

将来、テクニカルライターの仕事の範囲は更に広がり、必要な知識とスキルがある人ならきっと活躍できるでしょう。