CMプランナーの1日のスケジュール・生活スタイル

CMプランナーの業務スケジュール

フレックス制の多い業界

CMプランナーが働く広告代理店や制作プロダクションはクリエイティブな業界であり、各自の担当している仕事の制作ペースに合わせて勤務をするのが一般的です。

公務員やサラリーマンのように朝出勤し夕方に勤務終了というケースは少なく、フレックス制で働いていることのほうが多いです。

スケジュールによっては午後に出勤して夜遅くまで働くことがありますし、クライアントの都合によって働くことが多いため、毎日異なった時間帯に働くことも珍しくありません。

納期前には深夜残業をすることも

広告業界は非常に忙しいことで知られており、CMプランナーやクリエイティブディレクターも残業をすることは珍しくありません。

特にクライアントへのプレゼンテーションの日程が迫っているときや最初に提出したプランがNGになって大幅な変更をしなければいけないときには深夜残業をすることもあります。

そのぶん、仕事が順調に進めば休暇を取ることもできるので、自分の実力や担当している案件によって労働時間は大きく変わってくるでしょう。

広告代理店のCMプランナーの1日

08:00 起床
自宅でメールなどをチェックします。
08:30 急ぎの仕事を片付ける
必要な案件に対しては、自宅から電話やメールの返信などを行います。
10:00 資料集め
インターネットやテレビなどを見て、人気タレントや流行の音楽について情報収集をします。
11:00 出勤
フレックスタイム制のため、午後からの出勤が多いです。
12:00 勤務開始
午後からの打ち合わせのため資料を用意します。
13:00 ミーティング
担当するCMのロケのプランニングをスタッフと相談しながら決めていきます。
15:00 打ち合わせ
クリエイティブディレクターと演出について打ち合わせを行い、具体的なプランを考えます。
18:00 企画書の作成
打ち合わせの内容をもとに企画書を書き直し、改めてクライアントに提案します。
20:00 休憩
22:00 勤務終了
仕事量が多いときには深夜まで仕事をすることも珍しくありません。

CMプランナーの勤務時間

CMプランナーが働く職場は、広告代理店や広告の制作プロダクションがメインとなります。

このような企業は、社員それぞれが自分の手掛けている案件のスケジュールに合わせて自由に勤務時間を設定する「フレックス制」を導入していることが多いのが特徴です。

クライアントとの打ち合わせが午前中にあれば朝8時半から18時まで働くことができますし、自分の体調や集中力の持続時間に合わせて午後に出勤し夜遅くまで仕事をすることもできます。

自分の裁量で働くペースを決められるというのは、この業界のひとつの魅力でしょう。

CMプランナーの休日

CMプランナーは基本的には土日や祝日などに休みを取ります。

サービス業のように世間が休日のときに出勤しなければいけない仕事ではないので、暦通りに休むことは可能です。

ただし、手掛けている仕事が忙しいときには休日出勤をすることも珍しくありません。

商品のリリースや情報解禁日が決まっているクライアントの都合を最優先させなければいけないので、大きな案件を抱えているときには数週間休みなく働き、納品後にまとめて休みを取るというケースもあります。

規則正しい働き方を望む人よりも、フレキシブルな働き方を望む人のほうが向いている現場といえるでしょう。

CMプランナーの残業時間

CMプランナーは繁忙期には深夜まで残業をすることも多く、企業によっては激務になることでも知られています。

大手の広告代理店の場合は特に、仕事が終わってからも人脈を広げるために他業種の人との交流会への参加や社内の飲み会があることが多いようです。

クライアントへの接待もあるので、なかなか自分のプライベートの時間が取りにくいという一面もあります。

しかし、やりがいのある仕事に没頭しながらたくさんの人と出会える職業であることも間違いないでしょう。