DTPデザイナーの1日

仕事の進め方は人それぞれ

DTPデザイナーは、おもに広告代理店や印刷会社、制作会社などに勤務しています。

フルタイムで働く場合は、朝から夕方頃までが勤務時間となりますが、つねに締切に追われるために夜遅くまで残って仕事をしている人も多いようです。

全体としては夜型の傾向が強く、朝はややゆっくりめにスタートする職場もあります。

また、フリーランスで働く場合には会社に出勤するわけではないため、1日の時間の使い方は人によって大きく変わってきます。

制作会社に勤めるDTPデザイナーのある1日

9:45 出勤
始業時間は10時なので、通勤ラッシュを避けて落ち着いて出勤しています。
10:00 ミーティング
プロジェクトチームで、作業の進捗状況や今後の予定について簡単に打ち合わせをします。
11:00 チラシのデザイン
今日から新規の仕事が始まりました。

アートディレクターから指示を受けて、ポスターのデザインを進めていきます。

13:00 休憩
昼休憩は作業の合間を縫って、好きな時間にとることができます。

オフィス近くの飲食店へランチを食べに行きます。

14:00 修正作業
先日提出したデザインについてディレクターから修正指示が入ったため、優先的に対応します。
15:00 企画会議
新規案件についての会議に出席します。

営業、プロデューサー、アートディレクターなども同席します。

16:30 デザイン
再びデザインを進めていきます。

同時進行で複数の案件を抱えることもあるため、それぞれのスケジュールをよく確認し、提出が遅れないように気を付けます。

18:00 小休憩
ずっとパソコンに向かっての作業となるため、リフレッシュのために外の空気を吸って小休憩します。
18:30 再びデザイン
いくつかの案件の締切が近いため、できるところまでデザインを進めていきます。
22:00 退社
余裕がある時期はさほど残業をせずに帰りますが、この日は比較的遅くまで残りました。
23:30 勉強
デザイン関連の雑誌を読んだり、インターネットを使ってさまざまなデザインに触れていきます。

日ごろから自分のセンスや感性を磨き、アイデアの引き出しを増やしておくことが重要です。