CMプランナーのやりがい・楽しさ・魅力

CMプランナーのやりがい・楽しさ

クライアントの思いを代弁する

CMプランナーが自分の手掛けるCMを通してアピールするのは、民間企業の商品だけではありません。

ときには官公庁からの依頼で新しく始まる社会的な制度について説明するCMを作ることもありますし、公共マナーや思いやりの心の大切さを伝えるための道徳的なCMを作ることもあります。

このようなCMを作るためには、クライアントの意向を組んだ上で最もふさわしい企画構成や演出を考える必要があり、どのようなプランを考えられるかがCMプランナーにとっての最大の腕の見せ所となります。

クライアントの思いを代弁するという責任の重い仕事ではありますが、そのぶんメッセージを的確に伝えられたときには大きなやりがいを得られます。

自分が手掛けたCMが社会現象を巻き起こしたり、世の中に新たな議論を生んだりしたときは、大きなやりがいを感じる瞬間になるでしょう。

クリエイティブな仕事

テレビやラジオのCMというのは、ドラマやアニメなどの番組に比べると圧倒的に時間の短いコンテンツです。

数十秒という限られた時間の中で伝えたいことを表現するのはとても難しいものです。

インパクトのある映像や音楽を作れるのか、洗練されたキャッチコピーを流せるかなどがそのCMの成否を決めるといっても過言ではないでしょう。

こうしたことを踏まえた上で、プランナーは日頃からさまざまな芸術に触れたり芸能を学んだりしながら自分のセンスを磨いています。

努力が実を結び、世間をあっと言わせるような斬新なCMや画期的なCMを作ることができたときには、プランナーとしても非常に誇らしい瞬間です。

「このCMは自分にしか作れないものだ」と胸を張れるような作品を世に残すことができるのは、CMプランナーというクリエイティブな職業ならではの魅力でしょう。

CMプランナーの仕事内容

CMプランナーの魅力

活躍の場が広い

新卒でCMプランナーとして採用される人はほとんどおらず、一般的には広告代理店などに就職し、さまざまな仕事を経てCMづくりに携わっていきます。

経験を経てCMプランナーとして成功していくと、より自分の力を発揮できる企業へと転職したり、自分で事務所を立ち上げたりすることもできます。

このように世間から評価されるようになれば、給料もアップするだけでなく、CM以外の仕事が舞い込むことも少なくありません。

活躍の場が広く、実力次第でどんどんスキルアップしていけることは、この仕事の魅力のひとつです。

多くの人との出会い

CMを作る上では、さまざまな人と協力することが欠かせません。

マーケティングや分析を行う広告宣伝の担当者、クライアントとなる企業の広報担当、CMづくりの現場で活躍するディレクターやデザイナーなど、さまざまな職種の人と出会います。

このように仕事をする上で人脈を広げていければ、次の仕事を得られるチャンスにもなりますし、転職や独立を考えたときにも大いに役立ちます。

さまざまな人との出会いがあるため、毎日新鮮な気持ちで仕事ができ、日々刺激を受けながら仕事をしたい人には、とても魅力的な仕事でしょう。