DTPオペレーターへの転職・未経験採用はある?

DTPオペレーターへの転職状況は?

DTPオペレーターの求人は数多くあり、とくに即戦力になる経験者を求める傾向にあるため、同業種からの転職はしやすいでしょう。

また、グラフィックデザイナーやDTPデザイナー、Webデザイナー、編集者など、仕事でDTPソフトを扱っていた人の場合も経験者と見なされ、DTPオペレーターへの転職は比較的容易です。

こうした職種はDTPオペレーターより高収入なので、なぜ転職するのか不思議に思う人もいるかもしれません。

実は、いざ働いてみて、「自分はデザインや編集よりDTP作業をする方が好きだ」と感じた人や、派遣でも働けるDTPオペレーターへの転職を望む人は意外に多いのです。

DTPオペレーターへの転職の志望動機で多いものは?

デザインを組み立てるのが好き

グラフィックソフトを使って、会社で配布する資料などのデザインをした経験があり、画面上でレイアウトが整っていく作業の楽しさを知った、という動機を述べる人が多いようです。

デザインを考案することよりも、パソコン上での緻密な作業が性に合っていると感じる人は、デザイナーよりオペレーター向きであるため、適性のアピールにもなります。

将来的にはグラフィックデザイナーを目指している

グラフィックデザイナーへの登竜門としてDTPオペレーターを志望する人は少なくありません。

両方の職種を採用している会社なら、そのことを志望動機に挙げてもまったく問題なく、やる気のある将来有望な人材だと受け取ってもらえるでしょう。

DTPソフトが一通り使える人なら、専門学校でデザインを学ぶよりも、社会に出て制作の現場で働きながら学ぶことは実践力をつける近道でもあります。

印刷物に興味を持った

広告やカタログ、フライヤーなどを見て気に入ったデザインがあり、自分も作ってみたいと思った、どうやって印刷されているのか、その工程に興味を持ったという経験がある人も多くいます。

未経験・社会人からDTPオペレーターになるには

まったく畑違いの職種からDTPオペレーターへの転職を希望する場合、Macパソコン、IllustratorやPhotoshopなどのDTPソフトが問題なく扱えるスキルは最低限必要になります。

社会経験のある人の場合、デザイン系の専門学校にまで入り直す必要はありませんが、独学またはパソコンスクールなどでオペレーション技術を習得する必要があるでしょう。

DTPオペレーターへの転職に必要な資格・有利な資格

DTPオペレーターになるために、必ず取得すべき資格はありません。

ただし、「DTPエキスパート」「DTP検定」「Photoshopクリエイター能力認定試験」「Illustratorクリエイター能力認定試験」など民間の資格を持っていると、実力の証明になります。

DTPオペレーターへの転職に役立つ職務経験は?

志望動機に加えて、DTPソフトのオペレーションスキルは必ず聞かれます。

MachintoshのOSやIllustrator、Photoshopのバージョンなどを答えられるようにしておきましょう。

また、趣味程度であっても、デザインした作品があれば持参するとアピールにつながります。

DTPオペレーターに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

会社の方針にもよりますが、正社員の場合は30代くらいまで、派遣社員の場合は40代前後まで転職のチャンスがあるでしょう。

ただし、DTPオペレーターはグラフィックデザイナーの指示で動くことがほとんどなので、若い人の方が使いやすいため採用される可能性は高いといえるでしょう。

第二新卒程度のフレッシュな人材なら、会社によっては一から育てようと考えるところもあり、MacやDTPソフトの経験がなくても採用されるケースがあります。