インダストリアルデザイナーのつらいこと、大変なこと、苦労

地道な努力が必要

インダストリアルデザイナーは、工業製品のものづくりをする企業にとっては不可欠な存在です。

見た目の美しさ、機能性、使い勝手、さらにコストなどさまざまな要素を考慮したうえで、世の中に受け入れられる魅力的なデザインを完成させていくのがインダストリアルデザイナーです。

工業デザインに関する専門知識やスキルが求められ、さらにデザイナーとしての美的感覚なども持ち合わせている必要があり、一人前のインダストリアルデザイナーになるには相当な努力が必要といえます。

メーカーを中心に、さまざまな企業がインダストリアルデザイナーの求人を出していますが、実際には実務経験が豊富であったり、学校を出たばかりでも伸びる可能性があると判断されたわずかな人だけが採用されており、狭き門となっています。

インダストリアルデザイナーの採用人数はあまり多くないため、学生時代から地道に努力を重ね、さらに仕事に就いてからもライバルに負けないよう自分を磨き続ける努力が必要です。

イメージを具現化する苦労

インダストリアルデザイナーの仕事では、何もない状態のところから、イメージを具現化する作業を行います。

クライアントなどの意見も取り入れながら、さまざまな要素を考慮し、ベストなものを生み出していくことは決して簡単ではありません。

「生みの苦しみ」のような思いを味わうこともありますし、寝ても覚めてもデザインのことが頭から離れないと話す人もいます。

インダストリアルデザイナーは、関わるプロジェクトにおいてデザイン面に責任を持ち、新しいものを生み出し続ける想像力やひらめき、地道な思考などが求められる大変な仕事です。

誰もが成功できるとは限らない

インダストリアルデザイナーは、メーカー勤務の人もいれば、制作会社やデザイン事務所勤務の人、あるいはフリーランスの人もおり、仕事の進め方などは人によって変わってきます。

また、どの程度の収入が得られるかも勤務先や働き方によって変わってきますが、基本的には実力が認められることで、収入アップを実現させやすくなります。

インダストリアルデザイナーは個人の能力も出やすく、最終的に世に送り出した製品がヒットすれば、世間から大きく注目されることもあります。

そうすれば独立し、大きなプロジェクトに関わって収入も一気に上げることができますが、そこまでなれる人はほんのひと握りであることを理解しておく必要があります。