このサイトは陶芸家を目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「陶芸家」

仕事内容
陶芸家の仕事は、食器や花瓶、壺やオブジェなどの焼き物を作り出すことです。どんなものを作るかデザインするところから始め、材料となる土をこねて手やろくろと呼ばれる回転台を使いながら形にしていきます。形ができあがったら、土の中の水分を抜くために乾燥させます。そこから一度素焼きをし、下絵をつけたり釉薬(うわぐすり)と呼ばれる薬をかけたりして、最後に高温の窯でじっくり焼き上げて完成させます。完成した作品は展示販売会に出品することもあれば、百貨店やインテリアショップ、雑貨店などに商品を置いて販売することもあります。
なるには
陶芸家になるためには特別な資格や免許、学歴等は必要ありません。そのぶん、焼き物を作り上げるための高い技術やデザインセンスなどが求められる実力主義の世界なので、とにかく実践的な能力を身につけることが大切です。そのための選択肢としては、大きく分けると、美術系の大学や陶芸を学べる学校に行くか陶芸家のところに弟子入りして働きながら学ぶという二つの道があります。陶芸家として就職する際には、やはり焼き物の名産地ほどたくさんの人手を募集しているようです。
給料
陶芸家の給料は、決して安定しているとはいえません。大手の窯元に社員として雇われている場合は毎月15〜20万円前後の固定給をもらうことも可能ですが、それ以外の場合は売り上げによって給料が大きく変わる不安定な生活になるのが一般的です。年収にすると50万円から300万円ほどになるようです。師匠のもとで修行をしている見習いの陶芸家の場合、毎月の収入が5万円ほどということも珍しくありません。一方で、人間国宝に認定されるような素晴らしい腕前の陶芸家の場合は、ひとつの作品に何十万円という高額な値段がつくこともあります。
将来性
最近は、プラスチックやメラミンなどの軽くて安い食器が増えたことや外国産の安い器が売られるようになったことが焼き物の売り上げに影響を及ぼしています。今後若い世代にどうやって焼き物の魅力をアピールし、売り上げを伸ばしていくかという点において、大きな課題があるといってもよいでしょう。一方、ネットショップで作品を販売できるようになったことで、全国どこででも仕事ができるようになりました。自分のアイディアを使ってどんどん挑戦してみたいという人にとって、挑戦しがいのある職業でしょう。