グラフィックデザイナーとアートディレクターの違い

グラフィックデザイナーとアートディレクターの仕事内容の違い

小規模の会社の場合、数名のグラフィックデザイナーのリーダーをアートディレクターと定めているところが多いため、アートディレクターはグラフィックデザイナーの上司の肩書きだと思われがちですが、グラフィックデザイナーとアートディレクターはそれぞれに異なった役割があります。

グラフィックデザイナーの役割

広告やプロモーションツールといった主に平面のメディアにおいて、画像や文字などを効果的にデザインし、商品の良さや情報を伝えるのがグラフィックデザイナーの仕事です。

見る人の心にインパクトを与える魅力的なデザインワークを行うために、知識や技術はもちろん、美的センスや発想力、個性が求められます。

アートディレクターの役割

多くのグラフィックデザイナーが所属する会社では、アートディレクターを置くのが一般的です。

アートディレクターは自分がデザイナーとして手を動かすことはほとんどなく、各デザイナーの仕事をチェックして修正を依頼したり、アドバイスを与えたりすることを主な業務としています。

グラフィックデザインの知識が必須のため、ベテランのグラフィックデザイナーがステップアップしてアートディレクターになるケースが多く、優れたセンスを持つことはもちろん、多くの人と円満にコミュニケーションが取れる人格も必要とされます。

グラフィックデザイナーとアートディレクターのなる方法・資格の違い

グラフィックデザイナーになるためには、美術大学のほか、専門学校のグラフィックデザイン科などで学んだのち就職するのが一般的です。

一方、アートディレクターは、ビジュアル制作全体を管理する仕事のため現場経験が必須で、

大半の人はグラフィックデザイナーとして実績を積んだ後にアートディレクターとしてステップアップするため、新卒ですぐにできる仕事ではありません。

アートディレクターになるために特別な資格は必要無く、年齢性別を問わずに就ける職種です。

グラフィックデザイナーとアートディレクターの資格・必要なスキルの違い

グラフィックデザイナー・アートディレクターともに特別な資格が必要な職業ではありません。

グラフィックデザイナーからアートディレクターにステップアップする場合は、資格よりも実力と経験が重視されます。

自分のスキルを客観的に判断するために、アドビ認定エキスパートやDTPエキスパート認証試験などの資格取得にチャレンジするのもよいですが、取得していることが就職や転職に有利になるものではないため注意が必要です。

グラフィックデザイナーとアートディレクターの学校・学費の違い

グラフィックデザイナー・アートディレクターともに、美術大学やデザイン専門学校で基礎知識を身に付けるのが一般的です。

その後はグラフィックデザイナーのアシスタントや見習いとして、現場で実力を培っていき、一人前のグラフィックデザイナーとしてビジュアル制作全体をディレクションできるようになって初めて、アートディレクターへの道が拓けるのです。

広告業界やクリエイターの世界では、現場での経験や実績に裏付けされた実力とクリエイティブセンスが評価されるため、学校卒業後も地道にスキルを身に付けていくことが大切です。

グラフィックデザイナーとアートディレクターの給料・待遇の違い

グラフィックデザイナーの年収は300万円から500万円程度、アートディレクターの年収は400万円から800万円ほどといわれています。

しかしこれは会社の規模や経営状況によって異なり、なおかつ各個人のスキルや経験によっても大きく差が出ます。

アートディレクターは、グラフィックデザイナーなどの一般職のクリエイターをまとめる立場であり、長年の実務経験がないと務まらない職種であるため、クリエイターの中では比較的高収入となることが多いのが特徴です。

グラフィックデザイナーとアートディレクターはどっちがおすすめ?

アートディレクターは、グラフィックデザイナーがステップアップする職業としての位置づけで、一概になれるものではありません。

まずはグラフィックデザイナーとして経験を積み、上司や周囲から実力を認められたのちにアートディレクターとして働きます。

ただし、アートディレクターにはならずグラフィックデザイナーとしてフリーランスで働き続ける人もいます。

グラフィックデザイナーとして現場で働き続けたいのか、それともアートディレクターとしてステップアップしていきたいのかは、グラフィックデザイナーとして働きながら考えていく必要があるでしょう。