このサイトはディスプレイデザイナーを目指す人のための情報サイトです。

ディスプレイデザイナーとは?

ディスプレイデザイナーは、店頭や店内、イベント会場などのデコレーションをする仕事です。具体的には、百貨店やショップのショーウィンドウ、店内の売り場コーディネート、あるいはテーマパークや展示会などの装飾に携わります。特別な資格が求められる仕事ではありませんが、美術大学や専門学校のデザイン科でインテリアデザインや空間デザインについて学び、知識を身につけてからデザイン会社か展示専門会社に入社するのが一般的といえるでしょう。収入は勤務先や経験、実力などによって大きく差が出ます。将来的には海外展示会や海外顧客の日本展開の業務増加が予想されており、英語をはじめとする語学に力を入れ、国内外を問わず活躍できるような対策をしておくと、今後の需要増に対応できることでしょう。

ディスプレイデザイナーの仕事内容

ディスプレイデザイナーは、店頭や店内、イベント会場などのデコレーションをします。

具体的には、デパートやショップのショーウィンドウのデコレーションをしたり、店内の売り場をコーディネートしたり、テーマパークや展示会などのデコレーションに携わります。

仕事の流れとしては、顧客と打ち合わせをして要望やコンセプトをくみ取り、デザインを決定して平面図やグラフィックに落とし込みます。

大掛かりなものであれば施工業者に工事を依頼し、デザイン画をもとに施行現場で指示をします。

小規模な店内売り場のコーディネートであれば、ディスプレイデザイナーとアシスタント数名の手作業でディスプレイを完成させることもあります。

ディスプレイデザイナーになるには・必要な資格は?

ディスプレイデザイナーを目指すのであれば、美術大学や専門学校のデザイン科で学ぶのがいいでしょう。

インテリアデザインに特化した学部や学科でなくても、空間デザインや立体デザインに関わる知識を習得できれば問題ありません。

ディスプレイデザイナーになるため・仕事をするために必ず持っていなければならない資格はありません。

しかし民間資格の「カラーコーディネーター」「インテリアプランナー」、国家資格の「商品装飾展示技能士」などの資格を取得すれば、就職や勤務先での評価に有利になるでしょう。

また、IllustratorやPhotoshop、Verctorworksなどのデザインソフトが使用できることも重要な条件となっています。

ディスプレイデザイナーに向いている人

ディスプレイデザイナーは、豊富なアイディアがあることはもちろん、アイディアを現実に落とし込む力量が必要とされます。

クライアントの要望を聞き、コンセプトをしっかり理解することはもちろん、ときには自身のアイディアを実現するためにクライアントを説得する必要もあります。そのため高いコミュニケーション力がある人に向いている職業です。

また、限られた予算や日程の中でディスプレイを完成させるために、進行管理能力が優れていると大きなプラスポイントになるでしょう。

また、二次元のデザイン画を三次元の空間に移し替えたとき、大きな違いが出てはいけません。平面と立体の互換をスムースにできるセンスが必要とされます。

ディスプレイデザイナーの就職状況・雇用形態

ディスプレイデザイナーとしての活躍を希望しているのであれば、就職先はデザイン会社か、展示専門会社が一般的です。

多くの人は大学や専門学校を卒業してから、採用試験を受けて入社しますが、学生時代からアルバイトやインターンとして現場を見ておけば、就職に有利になるでしょう。

雇用形態は、正社員や契約社員での募集が多い傾向があります。新卒や未経験でも応募が可能な求人が多く、新人を育ててくれる業界といえます。

ただし募集業務が細分化されていることが多いため、やりたいことと実際の仕事に大きなギャップがないかを事前によく確認して仕事に応募するのが賢明でしょう。

企業で経験を積んだあと、フリーランスとして活躍するディスプレイデザイナーもいます。

ディスプレイデザイナーの給料・年収・待遇

ディスプレイデザイナーの給料は、勤務先の規模や手がける仕事内容、個人の能力により大きく異なります。

勤続3年で年収が400万円を超える会社もあれば、勤続10年でも400万円ほどの会社もあります。

ディスプレイによる集客効果や反応がデザイナー本人の評価に直接関わってくるため、ある意味では分かりやすくやりがいのある仕事であり、その反面厳しさもある仕事です。

手当や福利厚生、休日の充実度については、会社の規模と比例するでしょう。大規模な企業であれば、残業手当が全額支給されたり、住宅手当や現場手当がしっかり支給されます。

産前産後休暇や介護休暇が取得できたり、福利厚生の一環としてストックオプション制度や、海外研修を提供する企業もあります。

こういった待遇面を重視するのであれば、小規模な企業よりも、大規模な企業への入社を検討するのがいいでしょう。

ディスプレイデザイナーの生活・勤務時間・休日

ディスプレイデザイナーの生活は、オフィスと現場を忙しく行き来することが多いようです。

オフィスではデザインや企画をこなし、現場に赴いて顧客との打ち合わせや視察をし、ディスプレイ施行当日には現場に張り付きで進行管理をします。

とくに施行当日は、店舗の営業時間が終了してからの業務開始となるため、作業が深夜に及ぶこともしばしばです。

季節の変わり目やイベントが多いシーズンには業務が増えるため、残業時間が多くなる傾向があります。

顧客の都合や店舗の休業日によっては、土日祝日の出勤もありえます。しかし一般的に週休2日が保証されているため、振替休日という形で休日日数は保証されます。

ディスプレイデザイナーの現状と将来性

デパートやショッピングモール、テーマパーク、ホテルなどの大型施設から、小規模店舗や各種展示会に至るまで、ディスプレイデザイナーの活躍の場は無数にあります。

そういった意味では、ディスプレイデザイナーの職業としての現状は安定しているといえるでしょう。

しかし多くの業界は不況の影響を受けており、ディスプレイ予算は縮小の傾向にあります。

フリーランスデザイナーの場合は特に、予算規模が収入に直結しますから、安価な仕事を大量にこなすことで収入を維持しなければならない厳しさがあります。

グローバル化が進む現在、将来的には海外展示会や海外顧客の日本展開の業務増加が予想されます。

英語やその他の語学に力を入れ、国内外を問わず活躍できるような対策をしておくと、今後の需要増に対応できることでしょう。