このサイトはキャラクターデザイナーを目指す人のための情報サイトです。

キャラクターデザイナーとは?

キャラクターデザイナーは、ゲームやアニメ作品などに登場する人物をデザインする仕事です。オリジナルのキャラクターを一から作成したり、原作の世界観をもとに衣装や髪型などの外見をデザインしたりします。美術系大学やアニメデザイン専門学校などで、基礎的な知識と技術を身につけ、ゲーム会社、アニメプロダクションなどへ就職するのが、この仕事に就くための一般的なルートです。平均年収は300万円~600万円程度と幅があり、勤務先や経験によっても変わるでしょう。ゲームやアニメ業界では常に新しい発想のデザインが求められているため、キャラクターデザイナーとしての将来は明るいでしょう。また、最近では関連グッズのデザインや企業広告のキャラクターデザインなど、キャラクターデザイナーの仕事の幅は広がりを見せています。

キャラクターデザイナーの仕事内容

キャラクターデザイナーとは、ゲーム、アニメ作品などに登場する人物をデザインする職業のことです。

原作の世界観をもとに作家や監督と打ち合わせをしながら衣装や髪型などの外見デザインすることもあれば、オリジナルのキャラクターを一から作成する場合もあり、発想力豊かなデザインセンスが求められる仕事です。

近年では日本のアニメやゲームのクオリティの高さが世界でも評判となっており、国内外からのデザイン依頼も多いため需要も増えているようです。

また関連グッズのデザインや企業広告のキャラクターデザインなど、キャラクターデザイナーの仕事の幅は広がりを見せています。

キャラクターデザイナーになるには・必要な資格は?

必要な資格はとくにありませんが、まったくの未経験でこの仕事に就くには難しいため、まずは美術系大学やアニメデザイン専門学校などで基礎的な知識と技術を身に付けましょう。

その後アニメプロダクションやゲーム会社、Webデザイン制作会社などでさらに実践的な技術を磨いていきます。

就職すると日々多くのデザイン案を考えることになるため、在学中からデッサン力や独自の発想力を高めることが大切です。

また、現場ではPhotoshopやIllustratorといったグラフィックツールを使う場合がほとんどです。

こうしたソフトもある程度使えるようになっておくと、スムーズに仕事に取り掛かれるでしょう。。

キャラクターデザイナーに向いている人

まずは絵が得意で、想像力や発想力が豊かな人が向いている職業といえます。

またデザインが完成するまでにはやり直しや修正なども数多く発生するため、コツコツと細かな作業が苦にならない人も適性があるでしょう。

ゲームやアニメが大好きで自分でデザインを手掛けてみたい、人気を博すようなキャラクターデザインを自分の手で作ってみたいと考える人には最適です。

しかしキャラクターデザイナーはただ絵を描くだけではなく、依頼先からの要望をうまく具現化する能力も重要です。

そのため人話すことが好きで、相手のイメージを形にできるようなコミュニケーションスキルを持っている人も活躍できる場となるでしょう。

キャラクターデザイナーの就職状況・雇用形態

もともとキャラクタ―デザイナーの仕事は、アニメ制作会社のアニメーターが請け負うことの多い仕事でした。

近年ではゲームやアニメの世界的人気と比例し、この業界を志望する人も増加傾向にあるため、大手ゲーム会社や人気のアニメ制作会社に絞って就職を考えると競争率はかなり高いと考えられます。

ただイラストや企業広告キャラクターのデザインなど、イラストレーターやグラフィックデザイナーを兼務するような職種として考えればWebデザイン会社や広告代理店など門戸も広がり、採用率も上がります。

ある程度の経験を積んだ後はフリーになり、キャラクターデザインの仕事をメインに活躍するということも可能です。

キャラクターデザイナーの給料・年収・待遇

アニメ制作会社やゲームメーカー、デザイン会社など就業場所は多くありますが、平均年収は300万~600万程度が相場です。

大手は年収が良かったり手厚い待遇が見込めたりする場合が多いようです。

自身が手掛けたキャラクターが人気を博したり、大きな賞を獲ったりするなどトップクリエイターの仲間入りをすれば、年収で何千万も稼げるデザイナーになれる可能性もあります。

オリジナルキャラクターが人気となれば、関連グッズの開発や製作などの機会も増え、年収も格段にアップするでしょう。

キャリアを積み重ね、フリーとして世界で活躍するデザイナーになることも夢ではありません。

キャラクターデザイナーの生活・勤務時間・休日

この職業は納品までのスケジュールがタイトな場合が多く、とくに納品前や入稿前は激務となることが予想されます。

勤務時間は実労働時間ではなく裁量労働制を採用している企業も多いため、ライフスタイルは不規則になることが多いようです。

好きなことを仕事にできるために無理をし過ぎる人も多く、残業や休日出勤で働いた結果、心身ともに疲弊してしまう人も少なくありません。

忙しさに飲みこまれず、体調などの自己管理をきちんと行えるようにしておきましょう。

就職の際は休暇がきちんととれるか、福利厚生は充実しているかなどをしっかり確認したうえで入社されることをおすすめします。

キャラクターデザイナーの現状と将来性

近年、日本では家庭用ゲーム機の需要は減少傾向にありますが、その分スマホやタブレットなど場所を選ばず楽しめるモバイルゲームやソーシャルゲームの人気が高まっています。

ゲームやアニメ業界では常に新しい発想のデザインが求められているため、キャラクターデザイナーとしての将来は明るいでしょう。

しかし、長くこの仕事を続けていくためには、世相を敏感にキャッチし、一歩先行くユニークな発想力を高める努力を続けることが重要です。

そうすれば依頼先が意図するデザインをしっかりと表現しニーズに見合ったデザインを提供していくことができることでしょう。