インダストリアルデザイナーの1日

打ち合わせとデザインを続ける日々

インダストリアルデザイナーは、世の中にさまざまある工業製品のデザインを手掛ける仕事です。

メーカー勤務の場合には、自社で新規に作り出そうとする製品について、デザイン面を担当します。

市場調査を行って世間の流行や傾向を把握したうえで、製品の機能性や使いやすさを高めることができ、さらに見た目の良さも追求したデザインを考えていきます。

デザイン事務所勤務の場合は、クライアントから依頼を受けた製品のデザインを手掛けますが、いずれにしても、インダストリアルデザイナーは打ち合わせとデザイン業務を繰り返していくことが特徴です。

ここでは、インダストリアルデザイナーのおもな1日の流れを紹介します。

デザイン事務所勤務のインダストリアルデザイナーのある1日

9:30 出社

デスクにつくと、メールやネットニュースをチェックしながら頭をスッキリさせます。

10:00 クライアントと打ち合わせ

来社されたクライアントと打ち合わせをし、新規にデザインを依頼された製品のコンセプト共有を行います。

11:30 ラフスケッチ制作

製品のコンセプトに基づいて、デザインを考案していきます。

まずはラフスケッチとしてアイデアを次々と形にしながら、ああでもない、こうでもないと頭を悩ませます。

13:00 休憩

ランチはリフレッシュのために外へ出かけることが多いです。

14:00 情報収集

競合他社の新製品デザインなどの情報を集めたり、デザイン関連のニュースを読みます。

15:00 デザイン制作

既存プロジェクトのデザインについて、クライアントから別案の提示を求められたため、制作を進めていきます。

17:00 チームミーティング

チームごとに行われる定例のミーティングに参加。

お互いの仕事の進捗状況などについて確認します。

18:00 メール対応など

こまごまとした雑務を片付けていきます。

19:00 退社

デザイン業務は1日で完結しないことが大半ですが、きりのよいところまで終わったら退社します。