コピーライターを目指す人におすすめの資格・検定はある?

コピーライターにおすすめの資格・検定は?

コピーライターになるために必要な資格試験はなく、技能検定に合格する必要もありません。

資格関連の勉強がいらない分、コピーライターになるチャンスは誰にでも開けているといえるでしょう。

現に、第一線のコピーライターとして活躍しているたち人も、一般公募でコピーライティングの賞を受けたのがきっかけだったり、雑誌の編集の仕事から転身していたりと、その経歴はさまざまです。

逆にいえば、「これを勉強すればコピーライターになれる」という絶対的なものがないため、何をすればいいのかつかみどころがないと感じる人も多いかもしれません。

コピーライターになりたいと考える人たちは、民間のコピーライター養成講座を受講したり、コピーライターの賞へ応募したりしながら、日々スキルアップを目指しています。

また、これから広告業界への就職を考える場合、ライティング関連の資格や検定試験を受けることで、自分の成長につながったりチャンスが開けていったりする可能性があります。

ここからは、コピーライターを目指す人におすすめの資格・検定を紹介します。

Webライティング能力検定

Webライティング能力検定は、「一般社団法人日本WEBライティング協会」が認定する民間の検定試験です。

2012年から継続しているWebライティング関連で最も歴史ある検定とされており、Webライティングの分野でスキルアップを目指す人、現時点でのライターとしての腕を試したい人などが受験しています。

試験ではWebライティングの基礎的な知識から、SEOの知識、法律や倫理に関する知識を問うものなどが幅広く出題され、Web上で正しく効果的なライティングができるスキルを持っているかどうかが評価されます。

参考:Webライティング能力検定

Webライティング技能検定

Webライティング技能検定は、「一般社団法人日本クラウドソーシング検定協会」が認定する民間の検定試験です。

クラウドソーシング上でのライティング能力を資格認定するための試験となっており、合格者はクラウドソーシングに必要な一定レベルのスキルがあることが証明されます。

副業や在宅などでクラウドソーシングを活用したライティングの仕事を考えている人は、積極的に受けてみるとよいかもしれません。

参考:Webライティング技能検定

資格や検定試験を受けなくてもコピーライターにはなれる

繰り返しになりますが、コピーライターを目指すうえで、必須となる資格はありません。

また、ここで紹介した検定試験はいずれも民間のものであり、現状、コピーライターとしての公的な資格も存在していません。

コピーライターとしてのスキルアップを目指すのであれば、広告業界に入ってコピーライティングの業務に携わるチャンスを掴み取るか、養成講座などで学びながらコピーライティングの腕を磨き、賞・コンテストに挑戦するなどの道が考えられます。

どれだけ多くの資格や検定に合格しているからといって、一流のコピーライターになれるわけではないということは頭に留めておいてください。