キャラクターデザイナーになるには

絵を描くスキルを高める

キャラクターデザイナーになるために、特別な資格や学歴は必要ありません。

ただし、まったくの未経験でこの仕事に就くのは難しいことから、まずは美術系の大学やアニメデザイン専門学校、ゲームデザイン専門学校などで、イラストの基礎的なスキルを身につける人が多いようです。

卒業後は、アニメプロダクションやゲーム会社、Webデザイン制作会社、玩具メーカーなどへ就職するのが一般的なルートとなっています。

いざ現場に入れば日々多くのデザイン案を考えることになるため、在学中からデッサン力や独自の発想力を高めることが大切です。

また、現場ではPhotoshopやIllustratorといったグラフィックツールを使う場合がほとんどです。

就職前にこうしたソフトもある程度使えるようになっておくと、スムーズに仕事に取り掛かれるでしょう。

学校の選び方

キャラクターデザイナーの求人を見ると、多くの企業が応募資格として「専門学校卒以上」を対象としているようです。

未経験者でも採用されることはありますが、専門学校などでデザインについて学んでいる人が優先的に採用されています。

ゲームやアニメ関連の専門学校では、キャラクターデザイナーを目指す人向けの実践的なカリキュラムが用意されているところも多く、より就職に直結した学びができるでしょう。

一方、美術系の大学では、より高度なデッサン技術や絵の学びができることが特徴です。

幅広い勉強をしてセンスを鍛えたり、創造力を磨いたりするのにはよい環境だといえるでしょう。

資格は必要?

キャラクターデザイナーとして働くうえで、資格の有無が重視されることはほとんどありません。

ただし、資格があれば就職や転職の際に持っているスキルを示しやすくなるでしょう。

たとえば「Illustratorクリエイター能力認定試験」「Photoshopクリエイター能力認定試験」「色彩検定」などはキャラクターデザイナーの実務でも役立つ内容となっているため、余裕があれば取得しておくとよいでしょう。

本気でキャラクターデザイナーを目指したい人は、キャラクターデザイナーの専門学校に通うことのもよいでしょう。

キャラクターデザイナーの専攻コースが用意されているヒューマンアカデミーは、実際に活躍しているプロの指導を受けることができます。

キャラクターデザイナーについて詳しく知りたい、ヒューマンアカデミーについて知りたい人は、完全無料の資料請求をしてみるとよいでしょう。