イラストレーターのつらいこと・大変なこと・苦労

イラストレーターのつらいこと・大変なこと

描いたイラストが認められないつらさ

イラストレーターは、基本的に自分の思いを自由に表現できる画家とは異なり、あくまでもビジネスとして、クライアントの要望に沿ったイラストを描く必要があります。

もちろん、イラストには自分の個性やタッチが必ず表れてくるものですが、いくら美しいイラストを描いたとしても、クライアントのニーズに応えられるものになっていなければ、その時点でボツにされてしまいます。

たとえ自分で納得のいくイラストができたとしても、なかなかクライアントに認められない場合には、イラストレーターとしてのつらさを感じるでしょう。

「生みの苦しみ」を味わう

イラストレーターに限った話ではありませんが、何かを表現する仕事では必ず「生みの苦しみ」を味わうときがやってきます。

思うように筆が進まない、アイデアが出ない、いくら描いても満足するものができないとスランプに陥ってしまい、思うように作業が進まないことは決して少なくありません。

たとえこのような状況になったとしても、自分の代わりはいないため、逃げだしたり仕事を放り投げたりすることはできません。

限られた時間の中で、どれだけ自分の実力を出すことができるかという苦しさやプレッシャーと常に戦いながら、イラストレーターは仕事をしているのです。

そして苦しみやプレッシャーを乗り越えイラストが認められた時には、何物にも代えがたい喜びが待っているのです。

イラストレーターの悩み

イラストレーターの仕事は自分の思いやアイデアを自由に表現できる仕事だと思っている人も多いですが、あくまでもイラストレーターのイラスト制作は「クライアントありき」です。

ビジネスである以上、クライアントのニーズに沿ったイラストを描くことが求められるため、自分の好きなイラストや思い通りのイラストを描けることはごく稀なケースです。

クライアントから求められれば、自分が苦手なジャンルのイラストや、不得意な画風のイラストを描かなくてはならず、自分の自由にイラストを描けないことにストレスを感じる人もいます。

仕事では思うようなイラストが描けないため、余暇の時間を使い趣味で好きなイラストを描くという人も少なくありません。

イラストレーターを辞める理由で多いものは?

イラストレーターが離職する理由として多いものは、生計を立てるために十分な収入が得られないということです。

特にフリーランスのイラストレーターの場合、支払われるギャラは実力や知名度などに応じて設定されるため、経験が浅いうちは満足な収入が得るのは非常に難しいのが現状です。

また単価の高い仕事や大きな仕事は、既に実力や実績のあるベテランに依頼が集中しやすいため、仕事を得るだけでも一苦労という人も非常に多いです。

フリーランスのイラストレーターが安定した収入を得続けるためには、とにかく地道に仕事をこなしていき、信用と実力をアップさせていくしかありません。

生計を立てるためにたくさんの仕事を受け、毎日納期と戦いながら厳しい生活を送っているイラストレーターや、アルバイトや兼業をしながら地道にイラストの仕事をこなしているイラストレーターをしている人もいます。

イラストレーターの魅力は独立しても働きやすいことですが、こうした厳しさを経験する可能性があることは、あらかじめ知っておいたほうがよいでしょう。