漫画家とイラストレーターの違い

イラストレーター漫画家の仕事内容の違い

画家の仕事内容

漫画家は、出版社等から依頼を受けて、雑誌・書籍・デジタル媒体などに掲載される漫画を描くのが仕事です。

描く漫画のジャンルによって作業内容は異なるものの、アイデア出し・プロット(話の構想)作り・ネーム作り・下描き・ペン入れなど基本のルーチンはほぼ似通ったものとなっています。

連載物を担当している間は、編集者と打ち合わせをしつつ締め切りまでに作品を仕上げるという生活が基本です。

イラストレーターとの仕事内容の違い

イラストレーターは、イラストを描くのが仕事です。

漫画家は多くのページ数を使ってストーリーを描き上げるのに対し、イラストレーターは1枚の絵で世界観を表現するところが大きく異なります。

長期にわたって出版社や編集者と打ち合わせをしながら作品を作り上げていく漫画家に比べ、イラストレーターは単発の仕事が多くそれほど長期に渡る仕事は少ないという違いもあります。

また、漫画家はストーリーやキャラクターなど自分のアイデアを生かして漫画を描き上げることが多く、自由な発想が求められますが、イラストレーターはクライアントから依頼を受けイラストを描くことが多く、人の要望に合わせなければならないため、自分の思い通りのイラストを描くことは少ないのが特徴です。

漫画家の仕事

漫画家とイラストレーターのなる方法・資格の違い

漫画家として名乗るにはメディアへ自分の漫画作品を提供していることが基本条件になります。

漫画家になる方法としては、雑誌の新人賞に応募する、出版社に作品を持ち込む、養成スクールに通う、アシスタント経験をきっかけにするなどさまざまです。

イラストレーターと漫画家の大きな違いは、イラストレーターの場合、まずは広告制作会社や企業の広告部、デザイン事務所、ゲーム会社などに就職するのが一般的だという点です。

漫画家になるにはさまざまな方法がありますが、基本的にはフリーランスとして働くため自分でデビューへの道を切り開かなくてはなりません。

その反面イラストレーターは企業にも需要があるため、まずは企業に就職しそこで経験を積むという方法があります。

漫画家とイラストレーターの資格・必要なスキルの難易度の違い

漫画家にもイラストレーターにも、特別な資格は必要ありません。

ただし、求められるスキルには違いがあります。

漫画家の場合は、ストーリーを魅力的に伝えるネーム(ストーリー作成とコマ割などの漫画の設計図となるもの)をつくる力が求められます。

どれだけイラストを上手に書くことができても、この作業ができなければ漫画を描くことはできません。

イラストレーターの場合は、1枚の絵で世界観を表現しなくてはならないため、何ページも掛けて作品を作り上げる漫画家とは根本的に表現方法が異なります。

また、クライアントから依頼を受けてイラストを描くため、依頼ごとに画風や色彩を変えるなど、柔軟な描き方ができることが求められます。

漫画家とイラストレーターの学校・学費の違い

漫画家もイラストレーターも特別な学歴は必要とされません。

漫画家を目指す人で基本知識が学べる専門学校やスクールを利用する人も少なくありませんが、学歴よりも画力やストーリー構成力の方が重要なため、在学中からデビューし活躍する人も多いのが特徴です。

一方イラストレーターを目指す人の場合は、美術系の大学やデザイン専門学校で学ぶ人が多いです。

卒業後、企業に就職してイラストレーターとして働くことを目標にする人が多いため、就職に有利な進学を目指す人が多いようです。

漫画家とイラストレーターの給料・待遇の違い

漫画家の収入の基本は、作品が掲載された時に支払われる「原稿料」と書籍が購入された時に支払われる「印税」です。

漫画はアニメ化・映画化・ゲーム化などメディアミックスされることも多く、爆発的にヒットすれば高収入も見込めますが、多くの漫画家は生計を立てるのがやっとの状態と言われています。

イラストレーターの収入は、基本的に案件ごとに単価が決められ、その都度支払われます。

漫画家と同じく、人気が出れば高収入を得られる反面、仕事がなければ苦しい生活を強いられることになります。

イラストレーターは企業勤めをすれば安定した収入を得られるので、その場合は漫画家やフリーランスイラストレーターよりも待遇は安定しているといえるでしょう。

漫画家とイラストレーターはどっちがおすすめ?

漫画家とイラストレーターは、どちらも絵を描くのが好きな人が目指す人気の職業です。

漫画とイラストという作品の違いはありますが、絵を描くのが好きな人は両方を手掛けることも少なくなく、実際、漫画家がイラストレーターとして活動したり、イラストレーターが漫画を描いたりすることも少なくありません。

ただし、その仕事内容の違いから自分のストーリーやキャラクターを自由に動かしたい、長期的に1つの作品を手掛けたいという人には漫画家、イラストに特化した仕事がしたいという人にはイラストレーターが向いていると言えるでしょう。