イベントプランナーの1日・生活スタイル

イベントプランナーは、基本的には各企業の就業規則に従って働いています。多くの関係者が一斉に動く中でさまざまなことをスケジュール通りに進行させる職業であるため、イベントプランナー自身も不規則な生活になりがちです。

イベントプランナーになりたいと考えたとき、「自分が望むライフスタイルに合った働き方ができるのか」、「1日の流れはどのようになるのか」が気になるのではないでしょうか。

本記事では、イベントプランナーの業務スケジュールや勤務時間、休日の取り方などを紹介します。

イベントプランナーの業務スケジュール

イベントプランナーは、主に広告代理店やイベント企画会社に所属して働いているため、基本的には各企業の就業規則に従って働くことになります。

イベントプランナーは、多くの関係者が一斉に動く中でさまざまなことをスケジュール通りに進行させる職業です。

イベント開催前や、スケジュール通りに進まない場合は残業が多くなります。

またイベントごとに開催時期や時間が異なり、それに合わせて働くため、イベントプランナー自身も不規則な生活になりがちです。

イベント制作会社で働くイベントプランナーの1日

9:00 出勤・メールチェック
スタッフとミーティングをし、進捗状況や物品手配などを確認します。

その日スタッフがそれぞれどのように動くかをしっかりと把握しておくのもイベントプランナーの仕事です。

10:00 打ち合わせ
クライアントと次回イベントの打ち合わせをします。

会場や予算に合わせて適切なイベントを企画・立案しなければならないため、細かいところまでしっかりと話を詰めていきます。

12:00 昼食
13:00 現場入り
週末に行われるイベントの会場設営に立ち会います。

計画通りに進められているか細かいところをチェックします。

16:00 司会者と打ち合わせ
当日イベントを進行する司会者と流れを打ち合わせし、進行の流れや内容をチェックします。
17:00 帰社
会社で書類の整理やさまざまな手続き・物品の手配などを行います。
19:00 退社

イベントプランナーの休日

一般的な会社員であれば、土日祝日休みが一般的ですが、イベントは土日祝日に開催されるものが多いため、イベントプランナーは週末に出勤しなければならないことも多いです。

自分が担当したイベント開催期間は、現場に足を運んで予定通りに進行しているか確認するため、休日返上で仕事をしますが、休日出勤した分は別の日に振替休日として取得できる企業がほとんどです。

イベントが重なった月は、休日の曜日が不規則になることもありますが、街が空いている平日にのんびりと過ごせたり、仕事が落ち着いている時期にまとめて連休をとって旅行したりできます。

イベントプランナーは流行に敏感で新しいモノ好きな人が多く、

  • 積極的に街に出て面白そうなイベントをチェック
  • 流行のお店に出かけたりする

など、休日でもアンテナを張り巡らせている人も多いようです。

「イベントプランナーの1日・生活スタイル」のまとめ

イベントプランナーは、基本的には雇用されている企業の就業規則に従いますが、イベントの開催に沿ったスケジュールを組んで働くので、不規則な生活になることも多い仕事です。

休日もカレンダー通りとはいかず、土日祝日に開催されるイベントに合わせて稼働し、平日に休みを取ることもあります。