イラストレーターの1日・生活スタイル

 
フリーランスで働く人が多いイラストレーターの1日は、イラストレーター自身の仕事の仕方によってまったく異なるといえるでしょう。

その時に抱えている案件の内容や量などによっても、仕事の流れは大きく変わってきます。

この記事では、イラストレーターの平均的な1日の過ごし方を紹介します。

フリーランスで活躍するイラストレーターの業務スケジュール

9:00 起床
前日遅くまで作業をしている場合、翌朝はゆっくり起きるイラストレーターも多いです。

起きる時間を自分で決められるのは、フリーランスで働くイラストレーターなど自由業のメリットです。

10:00 メールチェック
朝食などを済ませると、まずはメールチェックやSNSをします。

昨日の夜に送ったファイルについて、クライアントからの返信が届いているかを確認。

メールの返信はできるだけ早く行うように心がけています。

SNSでは発表したイラストへの反応を見たり、他のイラストレーターの仕事の様子を確認したりします。

10:30 修正作業
難しいものの場合は時間をかけますが、簡単な修正の場合は他の仕事を優先してその場ですぐに終わらせ、メールの返信と同時に送ります。

効率よく仕事ができるよう小さな仕事は出来るだけすぐに片づけ、大きな仕事に集中できるようにしておきます。

13:00 休憩
午前中の仕事がひと段落就いたタイミングで昼食。

気晴らしや情報収集のため外に出かけることもあります。

14:00 イラスト描き
午後は、新規案件のイラストを作成に入ります。

適宜休憩を挟みながら、切りのいいところまで仕上げていきます。

基本的には自宅でパソコンを使って行いますが、ときにはファミレスなど外で仕事をすることもあります。

19:00 夕食
21:00 作業やメールチェック
夜、食事や入浴などが落ち着くと、再び作業をしたり、メールチェックやネットサーフィン、イラスト以外の仕事をしたりします。
3:00 就寝

企業勤めで活躍するイラストレーターの業務スケジュール

9:00 出勤
一般的なサラリーマンと同じように出勤します。

メールチェックや急ぎの仕事はないかを確認します。

10:00 ミーティング
今後開発するゲームの世界観やモデリングについてのミーティング。

キャラクターの性格や位置づけをしっかりと確認します。

10:30 イラスト作業
先ほど行われたミーティングから、さっそくラフ案を制作。

いくつかアイディアを出し、スタッフ間で相談しながら最終的なデザインを考えます。

13:00 休憩
休憩中はSNSやホームページなどで自分が描いたイラストの評判を確認します。

ときにはファンとやりとりすることも。

14:00 イラスト作業
既に指定されているイラスト作業をすすめていきます。

締切前は音楽を聴いたり個室に移動したりして集中することもあります。

18:00 デザインの打ち合わせ
既に出来上がったイラストがグッズ化されるため、商品化チームとデザインの打ち合わせ。

イラストの良さを損なわないように作者も打ち合わせに加わります。

20:00 帰宅

イラストレーターの1日・生活スタイルのまとめ

企業で働くイラストレーターは決められた時間で働きますが、フリーランスは自分のスケジュールに合わせて仕事が出来る点が大きな魅力です。

また、企業で働く場合は、1人の仕事に加え、ミーティングや打ち合わせを通して仕事をしていきますが、フリーランスでは自分で全てをこなしています。

2つの働き方はまったく異なるため、自分の考え方によってはメリットにもデメリットにも感じるでしょう。