グラフィックデザイナーの給料・年収

グラフィックデザイナーの平均年収・給料の統計データ

グラフィックデザイナーの年収は、勤める企業の規模やキャリアによって大きく異なり、中小の制作会社ではそれほど高い収入を得られないことが多いようです。

フリーランスの場合は、最初から名前が売れていて多くの顧客を抱えて独立した場合は、高収入も期待できますが、独立後しばらくは、本来のデザイナーとしての仕事よりも営業活動を行わねばならないため、収入がままならないことも多いようです。

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
グラフィックデザイナー・イラストレーター
(マイナビエージェント)
345万円 20代平均314万円
20代男性平均323万円
20代女性平均312万円
30代平均395万円
30代男性平均452万円
30代女性平均356万円
グラフィックデザイナー
(転職会議)
324万円 20代前半:255万円
20代後半:309万円
30代:362万円
40代以上:373万円
グラフィックデザイナー・CGデザイナー
(Indeed)
424万円 月給26.4万円
日給9,738円
時給1,545円
グラフィックデザイナー
(求人ボックス)
410万円 月給34万円

各社のデータより、グラフィックデザイナーの年収は320〜400万円の間となる実態が見えてきます。

時給制の場合は1,500円程度が相場となっており、一般的なアルバイトに比べると時給は高い傾向にあります。

グラフィックデザイナーの手取りの平均月収・年収・ボーナスは

各社の統計データをもとに算出すると、グラフィックデザイナーの平均年収は300〜400万円となると思われます。

年収を350万円とした場合、賞与無しの場合は約20~23万円、月の手取り額は18~21万円ほどになると見込まれます。

現在、日本人全体の平均年収が約420万円と言われていることから考えると、一般的な職業よりも給与水準は低めと言えるでしょう。

ただし、グラフィックデザイナーの給料は仕事量や会社規模によって大幅に変わるため、これよりも高収入を得ている人も多くいます。

グラフィックデザイナーの初任給はどれくらい?

20代前半の年収平均から年収を250万円とすると、手取りは200万円程度となり、月収は約17万円となります。

交通費などを除外して考えると、15~16万円からのスタートとなることが多いと考えられるでしょう。

入社してすぐはアシスタントや修業期間としていることが多いため、新人時代の給料は一般的な会社員よりは少なくなることが多いようです。

グラフィックデザイナーの年齢別の年収(平成30年度)

デザイナー職全般の年収に関するグラフです。

サンプル数が少ないため、統計データにばらつきがありますが、全体の傾向として、男性は年齢と共に年収の上昇が見られますが、女性は年収が横ばいとなっています。

デザイナーの年収(年齢別)のグラフ

グラフィックデザイナーの勤務先の規模別の年収(平成30年度)

賃金構造基本統計調査によると、1,000人以上の規模の事業所に務めるデザイナー職の人の年収が576万円であるのに対し、10〜99人は395万円、100〜999人は382万円になっています。

規模の大きい会社に勤めたほうが、給料が高い傾向にあるといえるでしょう。

デザイナーの年収(規模別)のグラフ

※本統計は、調査の母数が少ないため、必ずしも実態を反映していない可能性があります。

グラフィックデザイナーの福利厚生の特徴は?

一般的に、規模の大きな広告代理店や制作会社に就職した場合は、収入が高く、待遇や福利厚生も手厚いことが多くなっています。

小さなデザイン事務所や個人事務所の場合は、仕事を任せられるチャンスも多くあるものの、待遇や福利厚生はあまり期待できないこともあるので注意が必要です。

グラフィックデザイナーの給料・年収の特徴

年俸制も多い

グラフィックデザイナーは、年俸制で仕事をする人も多くいます。

年俸制とは、給与の金額を一年単位で決定する方法です。

月給の場合は、会社の業績や個人の成果によって給料が変動しますが、年俸制の場合は一度契約した給与以上に支払われることはありません。

仕事が認められれば高い金額で契約してもらえることもありますが、たとえ徹夜作業になったとしても残業代がつかず、労働時間に対して給料が見合わないという声も聞かれます。

デザイン以外の仕事を抱える人も

グラフィックデザイナーは、フリーランスとして独立し仕事をする人も多くいます。

グラフィックデザイナーとして経験を積み、プランニングやディレクションにも精通してくると、通常のデザインワーク以外に企画費やディレクション費の収入も見込むこともできます。

コピーライターやイラストレーターなどのブレーンを抱えてハンドリングができるようになるとさらなる収入増となり、年収数千万になるケースもあります。

ここまで来れば、制作プロダクションやデザイン事務所の立ち上げへとステップアップすることも夢ではありません。

グラフィックデザイナーの雇用形態別の年収

会社員のグラフィックデザイナー

会社員として働くグラフィックデザイナーの給料は、所属する企業の規模によって大きく異なります。

大手広告代理店の場合は30代で年収1000万円ということもありますが、中小の代理店やプロダクションの場合は初年度300万円を切ることも往々にしてあります。

ある調査では、グラフィックデザイナーの年収の平均値は300〜430万円とされ「手に職がある」割には他業種と大差ないのが実状です。

フリーランスのグラフィックデザイナー

会社員として経験を積むと、独立の道も開けます。

しかし、会社員時代に多くのクライアントを抱えて活躍していたデザイナーだとしても、独立する際にそれらのクライアントを自分のお客さんにしてしまうのはマナー違反のため、新規の顧客を開拓するのは難しいのが現状です。

独立して間もないフリーのデザイナーの場合、年収は300万円以下になることもしばしばで、本来の制作活動よりも営業活動や人脈づくりに奔走せざるを得ない人が多いようです。

顧客を獲得し仕事がコンスタントに入るようになると、努力しだいで年収700〜800万も可能です。

グラフィックデザイナーが収入を上げるためには?

グラフィックデザイナー年収をアップさせるには、いくつかの方法があります。

まずは規模の大きな企業にステップアップすることです。

一般的には規模の大きなデザイン会社や制作会社の方が給与や待遇も手厚いため、実力を身に付けたタイミングでこうした会社へ就職するとよいでしょう。

また、グラフィックデザイナーから他分野のデザイナーとして転職する方法もあります。

一度グラフィックデザインを学んでおけば、Webデザイナープロダクトデザイナーなどさまざまな分野で経験を生かすことができます。

さらに、フリーランスとして独立する道もあります。

必ずしも会社員時代よりも稼げるとは限りませんし、独立のリスクもありますが、実力や人脈さえあれば年収1000万円を超えることも夢ではありません。