このサイトはジュエリーデザイナーを目指す人のための情報サイトです。

1分でわかる「ジュエリーデザイナー」

仕事内容
ジュエリーデザイナーは、ジュエリー製作に関するデザイン画を作成する人のことをいいます。クライアントやお客さまの要望、商品企画に基づいてラフスケッチを描き、コスト計算をしながら手書きやパソコンでデザインを作り上げます。なお、デザイン画が完成してからの作業工程はジュエリー職人(クラフトマン)にバトンタッチすることもあれば、自ら金属工芸の専門技術を駆使してジュエリーの完成にまで携わる人もいます。
なるには
ジュエリーデザイナーは、宝石や貴金属の知識、デザインおよび製図等の専門知識・技術が必要とされる仕事であるため、なるためにはまず芸術系あるいは美術系の大学、ジュエリーデザインの専門学校などで、必要な要素について学ぶ必要があるとえいます。その後、ジュエリーメーカーやデザイン会社などに就職し、実務に携わりながらスキルアップを図る道のりが一般的なルートとなっています。
給料
ジュエリーメーカーやデザイン会社に勤務する場合の平均年収は、300〜50万円程度となっています。ただし、この仕事は実力やセンスがモノをいうため、経験を積むことで徐々に収入アップも期待できます。独立した場合には、実力次第で年収1,000万円以上を稼ぐことも夢ではありませんが、成功は決して簡単ではなく、現実としては年収300万円未満で働くフリーランスのデザイナーもいるとされています。
将来性
ジュエリー、宝石や貴金属を材料とする非常に高価な商品であるため、その売れ行きはどうしても景気やブームに左右されます。実際、バブル期以降の市場規模は徐々に縮小傾向にあるとされ、日本経済や少子化の問題が劇的に改善されない限り、国内需要の現状維持も難しいと考えられます。ただし、いつの時代もジュエリーを持ちたいと思う人は存在するため、確かな技術力に加え、斬新なセンスやアイデアを提案できるデザイナーの需要は、今後も継続してあるものと予想されます。