社会保険労務士の仕事内容

社会保険労務士の仕事とは

社会保険労務士とは、その名のとおり「社会保険」や「労働」の法律に詳しい専門家のことです。

「社会保険労務士」は国家資格の名称であり、さらに業務独占資格でもあるため、この国家資格を持たない人が社会保険労務士の業務をおこなうことは禁じられています。

参考:東京都社会保険労務士会 ニセ社労士にご注意

社会保険労務士が専門とするおもな法律には、「労働基準法」「労災保険法」「雇用保険法」「健康保険法」「労働契約法」「男女雇用機会均等法」「育児・介護休業法」などがあります。

社会保険や労務に関する法律は多岐にわたるうえ、非常に複雑です。

社会保険労務士はこれらの専門的な知識を生かして、企業が法律にのっとって雇用を適切に管理できるようサポートしたり、個人からの年金や労働に関する相談に対応したりします。

社会保険労務士の業務の内容

人事労務管理のコンサルティング

社会保険労務士の代表的な仕事内容としては、おもに「人事労務管理のコンサルティング」「手続きの代行」「年金に関するアドバイス」があります。

まず、「人事労務管理のコンサルティング」について見ていきましょう。

企業には、新たに入社する人や定年退職する人、しばらく育児休業を取る人など、さまざまな雇用状況の人がいます。

また、正社員だけではなく、契約社員やアルバイトなど、雇われている形態も色々です。

基本的には、こうした労働者の「健康保険」や「労災保険」の手続きは企業の総務部がおこないますが、ときには判断が難しいケースも出てきます。

このような場合に企業からの依頼を受けて、各種手続きに関する適切なアドバイスをおこなうのが社会保険労務士の仕事の一つです。

社会保険労務士が介入することで、企業がより良い労働環境を整えることができるようになります。

各種手続きの代行

2つめの仕事が、労働社会保険関係の「手続きの代行」をおこなうことです。

具体的には、雇用保険・健康保険・厚生年金などに関する書類作成や、申請・給付などの事務手続き、従業員の給与計算、労働基準監督署へ提出する書類作成などをおこないます。

これらの手続きを社会保険労務士に依頼することで、企業にとっては多少のコストがかかることになりますが、そのぶん総務担当者の負担を大きく減らすことが可能です。

また、専門家にお願いすることで手続きのミスや法律違反を確実に防げるため、企業としての信頼を守ることにもつながります。

年金に関するアドバイス

社会保険労務士は、人事労務管理コンサルティングに加えて「年金に関するアドバイス」も担当します。

法人を対象におこなうケースと個人を対象におこなうケースの両方があり、年金の種類や加入期間に応じて支給額を計算したり、手続きに関する指導などをおこなっています。

日本年金機構から委託を受けて、「全国社会保険労務士会連合会」が運営している「年金相談センター」が41都道府県に設置されており、そこで年金に関する相談を受けることが可能です。

参考:全国社会保険労務士会連合会 年金の相談をしたい

社会保険労務士の役割

人事や労務に関する法律のエキスパート

社会保険労務士は、「保険や年金、労務管理のプロフェッショナル」として活躍する仕事です。

会社を経営していくうえで欠かせないのがそこで働く労働者ですが、社会保険労務士は、労働者に必要な手続きや書類作成などを担当します。

たとえば、社会保険労務士が担当するおもな業務内容としては、以下のようなものが挙げられます。

・社員の雇用保険や健康保険、厚生年金の資格取得や喪失手続き
・健康保険証の変更手続き業務
・社員の給与計算や勤怠管理
・労働保険料の計算や申告業務
・出産一時金や傷病手当金の手続き
・業務上のケガが発生した場合の労災の届出
・社員が結婚や出産をし、扶養家族が増減した際の手続き業務 など

これらの手続きを、自社の総務担当者や人事担当者がほかの業務と兼任しておこなうこともできるかもしれません。

しかし、度重なる法改正によりルールが変わることも多いため、つねに最新の知識を持っておくためには大きな負担を強いられるでしょう。

そのため、ベンチャーや中小企業などの組織体制が整っていない会社の場合、保険や年金に関する手続きは社会保険労務士に外注しているケースもよく見られます。

企業側としては、労務管理のプロフェッショナルに手続きを外注することで、自分たちが本来やるべき業務に集中することができるのです。

コンサルタントとしての役割も果たす

社会保険労務士の役割は、「お客さまから依頼を受けて、人事労務に関する手続きや書類作成を代行する」だけではありません。

もう一つ重要な役割として、人事や労務管理に関する「コンサルティング業務」が挙げられます。

たとえば、就業規則や人事制度の策定、就業時間の管理や社会保険料の適正化、退職金制度の導入など、企業が健全な組織運営をしていくうえではさまざまな課題が発生します。

これらの問題についても、社会保険労務士は自身の専門知識を生かしてアドバイスをおこなうことが可能です。

とくに「ブラック企業」が厳しく取り上げられるようになっている今の時代、従業員が働きやすい環境を整備することは多くの企業にとって優先度の高い課題だといえるでしょう。

社会保険労務士の勤務先の種類

社会保険労務士の勤務先は、企業や事務所などに勤務して働く場合と、独立して働く場合の2通りがあります。

まず勤務先として挙げられるのは「法律関係の事務所」です。

社会保険労務士事務所や法律事務所などで、法人・個人を相手に「労務」「社会保険」「年金」に関する相談や指導をおこないます。

また、「企業の総務部や人事部」で活躍する社会保険労務士もいます。

こちらは専門知識を生かして、給料や健康保険料の計算、福利厚生の仕組み作りに携わります。

それ以外にも、企業や法律事務所などで経験を積み、人脈を構築したあとで独立して働く社会保険労務士も少なくありません。

社会保険労務士の就職先の種類・活躍の場

社会保険労務士の仕事の流れ

企業が新たに従業員を採用した場合、企業はその従業員の労働保険や社会保険に関する煩雑な手続きをおこなわなければいけません。

その手続きを代行・サポートするのが社会保険労務士のおもな仕事です。

労働保険や社会保険の制度は非常に複雑であり、制度についての専門知識が必要なだけでなく、書類作成にもかなりの時間を取られてしまいます。

こういった手続き自体は会社の売り上げとは関係ない作業であるため、専門知識を有した社会保険労務士に丸投げできることは企業にとっても大きなメリットとなります。

また、社会保険労務士は法人相手の仕事以外にも、個人の年金に関する相談対応などもおこなっています。

日本の年金制度は複雑な部分も多く、本人が将来受け取れる年金額を把握できていないことも珍しくないでしょう。

このような個人が抱える年金への不安に対して、専門家としての立場から適切なアドバイスをおこなうことも社会保険労務士の重要な役割といえます。

社会保険労務士の報酬基準

過去には一定の報酬基準が存在していた

以前までは、社会保険労務士の仕事に対する報酬には一定の「報酬基準」というものが存在していました。

この報酬基準とは、「このような依頼内容に対応すると◯◯円かかります」という内容を示したものです。

これまでは全国社会保険労務士会連合会が定める報酬基準をもとに、各都道府県の社会保険労務士会が報酬の基準額を決定し、その内容が各労務士会の会則にも記載されていました。

しかし、「社会保険労務士法」の一部が改正されたことによって社会保険労務士の報酬基準は廃止となり、それ以降の報酬額は自由化されています。

このような流れから、現在、当時の報酬基準について語るときは「旧報酬基準」といわれています。

現在の報酬も旧報酬基準がベースになっている場合が多い

しかしながら、実際には現在の社会保険労務士の報酬も、当時の報酬基準をベースに設定されている場合が多いようです。

社会保険労務士事務所においても「報酬表」や「報酬規程」などをあらかじめホームページで明示していることがほとんどで、依頼内容ごとの報酬額が事前にわかるようになっています。

金額は事務所によっても差がありますが、一例としては以下のような報酬額が依頼内容ごとに細かく規定されています。

・就業規則の作成・整備 30万円〜
・給与計算業務 従業員数に応じて3万円〜
・健康保険組合への編入手続き 10万円〜

そして、これらはあくまでベースとしての金額である場合が多く、実際には「クライアントと詳しく打ち合わせをしたうえで報酬額を決定する」というのが一般的です。

依頼内容を達成するためにはどれくらいの時間や手間がかかるのか、どれくらい複雑なものであるかなどを踏まえて、適正な報酬額を決定していきます。

社会保険労務士と関連した職業

社会保険労務士と行政書士の違い

社会保険労務士と「行政書士」は、なんとなく似ている職業としてイメージされることも多い仕事です。

まず、社会保険労務士は「保険や年金、労務管理のプロフェッショナル」として、それに関する書類作成や代行業務、コンサルティングなどに携わります。

一方、行政書士は「書類作成のプロフェッショナル」として、おもに行政機関に対して手続きをする際に必要な書類を作成する仕事です。

両者とも書類作成や提出手続きをおこなう点では共通していますが、社会保険労務士は「保険・年金・労務管理」の分野、行政書士は「各種許可申請」の分野が専門となります。

参考:日本行政書士会連合会 行政書士の業務

行政書士の仕事

社会保険労務士と中小企業診断士の違い

上記の行政書士のほかに、「中小企業診断士」の仕事と比較されることもあります。

中小企業診断士は、中小企業が抱える経営課題に対しての診断・助言をおこなうプロフェッショナルのことであり、こちらも国家試験の合格が必須です。

中小企業の成長戦略を考えたり、それを実行する際の具体的な計画を立てるなど、専門家としてアドバイスをおこなうことがおもな役目となります。

社会保険労務士の仕事内容とは大きく異なりますが、両方の資格を取得することで「より多角的なアドバイスが可能になる」メリットがあります。

参考:一般社団法人中小企業診断協会 中小企業診断士試験

中小企業診断士の仕事