海事代理士のやりがい、魅力

造船業を支え、海の安全を守ることができる

船舶を造る際にはさまざまな検査や手続きが必要になってきますが、そこで海事に関する専門的な知識を生かし、各手続きを代行するのが海事代理士の重要な役割です。

船に関わる法律は複雑な内容のものも多く、一般の人がそのすべてを理解するのは難しいのが実情です。
 
しかし、もし必要な手続きが滞ってしまえば、事前に予定していた通りに船舶を動かせなくなってしまうかもしれません。

海事代理士は、そうした複雑な法手続きに熟知し、手続きを正しく完了させることによって造船業を支えることができる存在です。

そして、貿易などで使われる船舶が安全に航行できる環境を法律の面から整え、海の安全を守ることができるやりがいある仕事だといえます。

他の資格と併せ持って活躍の場が広がる

海事代理士は、行政書士や司法書士など、他の法律に関連する士業系の国家資格とのダブルライセンスによって働く人が多くなっています。

海事代理士以外の資格も持っていることで業務の幅が大きく広がるといわれています。

法律事務所などに就職してスタッフの一員として働くことはもちろんですが、さらに経験を積むことで独立し、自分の事務所を立ち上げて仕事を増やしていくこともできるようになります。

何より、法律の専門家として多くの人から頼られる存在になれることに、やりがいを感じている人もいるようです。

一生モノの国家資格

海事代理士は一度国家試験に合格して登録を行えば、一生モノの資格として生かすことができます。

国家資格を持っていることで、社会的な評価もされやすくなるでしょう。

法律関連の事務所や港湾関連の会社に就職する際には、資格がプラスに評価されることもあります。

まだまだ海事代理士として働く人の数はあまり多くありませんが、専門性を高めて自分の強みをどんどんアピールしていくことで、認められるチャンスも増えるかもしれません。