政治家に向いている人・適性・必要なスキル

政治家に向いている性格・適性

リーダーシップを取れる人

政治家は国や地方の舵取りを行う必要があるため強いリーダシップが求められる職業です。

国や国民、市区町村や市民のためにならないことはしっかり「ノー」という決断をしなければいけませんし、将来的に有益な議案であれば自らが先頭に立って自信を持って推進する行動力が求められます。

責任感の強い人

政治家は国や地方の舵取りを任されている職業です。

歳費や議員報酬といった政治家の給料は税金から支払われている以上、自分のためというよりは人のために尽力しなければならず、強い責任感を持っていなけば政治家を続けることは難しいでしょう。

体力に自信のある人

政治家は分単位でスケジュールが埋まることもあるハードな職業です。

特に国会議員などは国会での仕事や地元まわり、イベントなどへの出席など移動も多く、なかなかゆっくり休める日は少ないかもしれません。

国民や市民の代表としての活動が義務なので、すぐに体調不良になっていては代表としての務めは果たせなく、体力があるというのも立派な政治家の資質といえます。

政治家になるには? 選挙に必要な費用は?

政治家に必要なスキル・能力

コミュニケーション力

政治家にとってコミュニケーション力は重要なスキルです。

選挙では政策を有権者に訴え共感してもらう必要がありますし、議会や委員会では議案を通すために時には反対意見者を説得する必要もあります。

またイベントやタウンミーティングなどでは来場者と交流することもあるでしょう。

ある意味イメージが大事な職業でもありますので、コミュニケーション力を生かし、有権者に良いイメージを持ってもらい次期選挙につながるという活動も必要です。

政策立案能力

当然ですが政策立案能力は求められます。

現在の問題点は何で、どのような解決策があるかなど、法律や条例、過去の例を照らし合わせながら政策を練っていきます。

そのためには法律的な知識や行政に関する知識も深いレベルで必要でしょう。

そのためには何か一つの専門分野を持ち、自分の強みにしている政治家もいるようです。

調整能力

政治家の仕事は1人で完結することは少なく、多くの人や関係団体と関わりながら一つの議案を成立させていきます。

そのためには関係者と事前にコンセンサスを取る必要もありますし、案件によっては何年もかけて事前調整が必要な上に、議案に反対している人たちとも議論の場を設け、説得することで賛成票を獲得する必要もあるでしょう。

このように調整力を生かし、一つひとつの議案を通していく能力がとても重要です。

政治家に向いていないのはどんな人?

政治家を「儲かる職業の一つ」と考えている人は向いていないといえるでしょう。

結果的に私利私欲のために政治家をしている人もおり、残念ながらそうした問題で報道される政治家も後を絶ちません。

信念をしっかり持ち、自分の考えに共感して一票を投票してくれた支持者のために力を発揮するのが政治家の義務であり基本といえます。

そのような気持ちを継続して持っていなければモチベーションを保てず、政治の世界で働くことを一つの仕事としてとらえる政治屋になってしまいます。

そうなってしまうと自分のことを中心に考えてしまうため、国や国民、県や県民など公益のための仕事ができなくなるでしょう。