パラリーガルから弁護士や司法書士は目指せる?

パラリーガルから司法書士

パラリーガルとして法律職に携わっていると、勉強を続けるうち上位の資格を取って本格的に法律家として手に職をつけられないだろうか、と考える人は少なくないようです。

例えば、司法書士、行政書士などの法律系資格です。

また、はじめからゆくゆくは司法書士などの資格を取り法律家として仕事をしたいと考えてパラリーガルの職に就く人もいます。

勤務する法律事務所の得意分野によりパラリーガルが学べる知識が異なってくるとはいえ、基本となる事務経験や法律関連の書類作成、外回りでおもむく施設などの経験を経て、実務の流れを身に付けることができます。

このことは、司法書士を将来的に目指している人にとって、実務の流れを実体験で学ぶことができるため、そのメリットは大きいといえます。

実際に、パラリーガルから司法書士合格者が出ましたということを全面に出してパラリーガルをまた求人する弁護士事務所もあります。

ただし、司法書士試験は数ある国家試験の中でも最難関の部類に分類される試験です。

並の努力では合格するまでに相当の労力が必要ですので、仕事を続けながら勉強するとなると、心して取り掛かる必要があるでしょう。

また、弁護士と司法書士では扱うものは法律で一見似通っていますが、実際には共通しない業務が大部分を占めます。

そのような点でも、司法書士試験の受験生が試験対策の一つとしてパラリーガルの職に就くのは近道と言えない場合がありますので注意しましょう。

パラリーガルから弁護士

やはり「法律系最難関資格である司法試験に挑戦したい」、「パラリーガルとして弁護士について実務経験を積むうちに弁護士に憧れるようになった」、という人もいるのではないでしょうか。

パラリーガルが司法試験に挑戦する場合、実際に実務の場にいて業務の内容を見て知っている点で、多少は有利であるといえます。

しかし、それだけで合格する難易度の試験ではありません。

司法試験は最難関の試験と言われており、かなりの勉強量が必要となりますが、司法試験の受験資格を取得するまでも厳しい道のりとなっています。

司法試験を受けるまでには、(1)法科大学院(ロースクール)を修了する、(2)司法試験の予備試験に合格する、のふたつのルートがあります。

上記をクリアして、ようやく司法試験を受験することができます。

しかし、最難関と言われる司法試験に合格しても、約1年間の司法修習を受け、司法修習考試(試験は2回)に合格しなければ弁護士として働くことができません。

そのため、パラリーガルとして働くうちに弁護士を志すようになり、仕事をつづけながら司法試験合格に挑む、というのは現実的に難しいと言わざるを得ません。

また逆に、法科大学院を出て司法試験の勉強を続けながらパラリーガルとして勤務するケースも見られます。

大変厳しい戦いではありますが、身近で弁護士の仕事を見られる環境にいることが勉強のモチベーションにつながるとも考えられます。

実際実現するケースもあるので、険しい道のりですが、不可能ではないようです。