土地家屋調査士の1日のスケジュール・生活スタイル

土地家屋調査士の業務スケジュール

土地家屋調査士は、CADを用いた計算作業や製図作業、法務局へ提出する申請書類の作成といったデスクワークと、対象物件の測量作業や調査といったフィールドワーク、その双方をこなすことが必要です。

このため、土地家屋調査士の業務スケジュールは日によってさまざまであり、ほとんど1日中事務所から一歩も出ず、内勤だけで過ごすこともあれば、反対に、外勤だけに1日を費やすこともあります。

進捗状況の異なる案件を一人で複数抱え、同時並行で作業を進めるケースが一般的ですので、土地家屋調査士は、段取りよくこなしていく手際の良さが求められる仕事といえます。

ただし、土地家屋調査士は、法務局の管轄の関係もあって、ある程度地域を絞って案件を請け負いますので、個々の移動時間はさほど長くはなく、出張が必要になることもまれです。

移動が短い分、スケジュール繰りはそれほど厳しくありませんし、身体的負担も軽く、また家事や育児、介護といった家庭生活とも両立させやすいでしょう。

ワークライフバランスを取りやすいことは、土地家屋調査士の大きな生活上の利点です。

フィールドワーク主体で働く土地家屋調査士の1日

土地家屋調査士の外訪先は、調査対象物件、隣地所有者、法務局、市役所、他士業事務所などであり、隣地所有者が遠方に住んでいるケースなどを除けば、いずれも近場で済みます。

ただし、測量作業は複数の地点からデータを収集しなければならない関係上、かなり時間がかかりますし、隣地所有者に境界確定の承認印をもらうにも、時間をかけて説明しなければなりません。

このため、物件の規模によっては、フィールドワークが複数日かかるケースも珍しくなく、事務所と対象物件を何度も往復することもあります。

8:00 出勤
作業着に着替えて、対象地に移動します。
8:30 現場作業
安全確認を行ったうえで、前日の境界確定に基づいて、杭の打ち込み作業を実施します。
11:00 法務局訪問
法務局に移動し、次の案件の対象地に関する登記簿や測量図を閲覧します。
12:00 昼食休憩
外食することもあれば、時間がないときなど、コンビニで済ませることもあります。
13:00 事前調査
次の案件の対象地を訪れ、午前中に取得した資料を参照しつつ、現地調査を実施します。
15:00 市役所訪問
市役所を訪れ、市道との境界確定について、必要な手続きを担当者と協議します。
16:00 帰社
事務所に戻って、本日収集したデータを整理します。
18:00 退社
残務処理を終えたら、できるだけ早く帰宅するよう努めます。

デスクワーク主体で働く土地家屋調査士の1日

土地家屋調査士は、クライアントをはじめ、地方自治体の担当者や、司法書士行政書士といった士業資格者など、多数の関係者と協議しながら仕事を進める必要があります。

とくに、クライアントとは、お互いの齟齬を失くすために、案件の進め方や作業日程、かかる費用など、さまざまな内容について綿密に話し合わなければなりません。

このため、書類作成などの事務処理だけでなく、打ち合わせにも1日のうちの多くの時間を割くことになります。

8:00 出勤
メールチェックやスケジュール確認、朝礼などを実施します。
9:00 製図作業
CAD(設計・製図支援システム)を用いて、測量図を作成します。
11:00 申請書類作成
法務局に提出する申請書類を作成します。
12:00 昼食休憩
外で食べたり、持参した弁当を食べたりします。
13:00 打ち合わせ
顧客である不動産業者との面談を行い、作業の進め方や見積について確認します。
15:00 報告書作成
前日実施した境界杭打ち込み作業について、顧客に提出する報告書を作成します。
17:00 電話連絡
不動産業者との打ち合わせに基づいて、境界確定が必要になる隣地所有者に連絡を取ります。
19:30 退社
仕事がひと段落したら、退社します。

土地家屋調査士の勤務時間・休日