司法書士になるには

司法書士になるには

資格を取得するまで

司法書士は国家資格ですので、資格を得るには基本的に法務省の主宰する司法書士試験を受けて合格することが必要です。

試験に受験資格はなく、誰でも受験可能ですが、司法書士試験は司法試験に次ぐ難関とされており、合格までに数回の受験を要する人も多数います。

試験は年1回、7月頃の筆記試験と、10月頃の口述試験に分けて実施され、双方を突破すると晴れて合格となります。

また、試験を受ける以外に、裁判所事務官検察事務官として10年以上のキャリアを積み、法務大臣からの認定を得ることで司法書士になるという方法もあります。

資格取得の確実性はかなり高いといえますが、10年という長い期間が必要になる点は大きなネックです。

資格を取得してから

いずれかの方法で資格を取得した後は、まず司法書士会が行っている「新人研修」を受ける必要があります。

3か月程度の研修期間を終え、修了考査に合格すると、全国にある司法書士会のいずれかに登録することで、司法書士としての業務を開始することができます。

なお、何らかの不祥事や業務違反を起こすなどして、司法書士会を除名処分になると、たとえ資格を保有していたとしても、司法書士業務を行うことはできません。

ちなみに、この新人研修は、宿泊代などを含めておよそ20万円、司法書士会への登録には登録手数料などが約10万円かかりますので、試験合格後に合計30万円ほどの費用が必要な計算になります。

認定司法書士になるには

「100時間研修」と呼ばれる特別研修を受け、試験を受けて法務大臣の認定を受けると、「認定司法書士」になることができます。

認定司法書士は、目的価額が140万円以下である簡易裁判所での訴訟案件については、弁護士と同じように依頼者の代理人となって、法廷に立って争ったり、和解交渉を行うことが可能です。

取り扱える業務範囲を拡げ、弁護士よりも気軽に相談できる「身近な街の法律家」になるために、認定司法書士を目指す人は多数います。

司法書士の資格・難易度

司法書士は、法律に関係する資格のなかでも非常に取得難易度が高いことで知られており、その試験の合格率は、毎年3%~4%前後という狭き門です。

独学で合格にたどり着くことは困難ですので、民間の資格専門学校に通うか、社会人として既に働いている人については通信講座などを受講して勉強することが一般的です。

必要な勉強時間は、法律の素養がある人で1400時間、初学者は2000時間ほどがひとつの目安とされています。

集中して勉強だけに集中できるのか、仕事をしながら合間に勉強するのかといった事情にもよりますが、1年~2年ほどの対策期間が必要になる難関試験です。

司法書士試験の難易度、合格率

司法書士になるための学校の種類

司法書士試験では、民法や商法、民事訴訟法、不動産登記法など、さまざま法律知識が幅広く問われます。

これから進学を控えている人については、大学の法学部に進み、法律についての素養を一通り身につけると、試験対策上有利といえるでしょう。

ただ、司法書士試験に学歴や年齢などの受験要件はありませんので、たとえば弁護士を目指す場合などとは異なり、なんらかの学校に通うことが必ず求められるわけではありません。

このため、自身の最終学歴や出身学部などに関係なく、誰でも、またいつの時点からでも、司法書士を目指すことが可能です。

民間の資格専門学校やスクールなどでは、法律初心者向けや既修者向け、社会人向けなど、多様なコースが開講されていますので、自身に合った学習方法で受験対策を進めることができるでしょう。

また、定期的な通学が難しい人については、通信教育の講座を受講し、自宅で勉強を進めるという選択肢もあります。

司法書士になるためにはどんな学校に行けばいい?(予備校・大学・専門学校)

司法書士に向いている人

司法書士の手掛ける案件は、いずれも法的効力の強い重要な業務ばかりであり、ときに依頼者の人生を大きく左右することもありますので、絶対にミスは許されません。

さまざまな法律や複数の関係者が絡んだり、手続きが複雑になったりするケースもありますが、それらをひとつひとつ入念にチェックし、不備なく遅滞なく、確実に仕事をこなすことが求められます。

このため、司法書士には、几帳面かつ慎重な性格であり、事務処理能力の優れた人が向いているでしょう。

司法書士に向いている人・適性・必要なスキル

司法書士のキャリアプラン・キャリアパス

新たに資格を取得した司法書士は、司法書士事務所や法律事務所などに就職するケースが一般的ですが、企業の法務部などに勤めて、サラリーマンとして資格を生かすというキャリアプランも考えられます。

ある程度の実務経験を積んだ後は、独立開業して自分の事務所を持つ人も少なくありません。

ただ、近年は司法書士数が急ピッチで増加し続けており、登録者は22,000人ほどに上っているため、他者といかに差別化を図るかが独立司法書士全体の課題となっています。

不動産関係、法人関係、あるいは成年後見制度や相続といった個人関係など、いずれかの分野について、キャリアを通じて独自の強みを磨き続ける努力が必要になっているといえるでしょう。

司法書士を目指せる年齢は?

司法書士試験に年齢制限はなく、何歳からでも資格取得を目指すことが可能です。

実際の合格者の年齢をみても、ここ数年の平均合格年齢は30代後半ですが、下は20代から上は60代まで、幅広い年齢層の人が試験を突破し、新たに司法書士となっています。

とくに近年は、合格者全体の年齢層が上昇傾向にありますので、たとえば社会人として一度就職した人などでも、資格取得を目指して勉強に励む人は大勢います。

完全に仕事を離れ、予備校などに通って勉強だけに集中するという方法もありますが、働きながらでも、通信講座などを利用して学習することは十分可能です。

司法書士は高卒から目指せる?

司法書士試験は、学歴に関係なく、誰でも受験することができます。

また、司法書士は毎年多くの人が取得を目指す人気資格ですので、民間の資格専門学校や通信教育などでも、多数の司法書士試験対策のための専門コースが開設されています。

たとえまったく法律知識のないゼロからのスタートでも、それらを利用して効率的に勉強を進めれば、試験に合格することは可能です。

ただ、試験の合格率はきわめて低く、たとえ大学の法学部などで法律を専門的に履修した人であっても、合格までに数度の受験を要するケースも多く見られます。

高卒から司法書士を目指す場合、その対策期間まで含めると、数年にわたる長い期間の努力が必要になる点には、あらかじめ留意しておくべきでしょう。

司法書士は高卒からでも目指せる?