弁護士の1日・生活スタイル

弁護士の業務スケジュール

法律事務所では、一般企業のように厳密な出勤時間・退勤時間が定められていないケースもよくあり、業務スケジュールは日によってばらばらです。

会社員や公務員と比較すると、朝の始業はやや遅いことが多いものの、日によっては早朝から遠方の裁判所に移動することもあり、一概にいえない部分もあります。

日中の業務についても、事務所での来客対応や事務作業、裁判所での答弁、拘置所での接見など、日によって業務内容はさまざまですが、数多くのタスクに追われて一日中忙しく働くケースが目立ちます。

さらに、仕事の都合で平日に時間が取れないクライアントのために、土日に出勤しないといけないこともあり、休日も変則的になりがちです。

弁護士を志すなら、仕事に追われる日々になることを、あらかじめ覚悟しておいたほうがよいかもしれません。

法律事務所で働く弁護士の1日

法律事務所では、一般企業と比較すると、始業・終業ともに遅いところが目立ちます。

1日のスケジュールがかなり詰まっている日も少なくありませんが、飛び込みで来客や電話応対があったり、クライアントから緊急に呼び出されたりと、予定通り仕事が進まないこともよくあります。

テレビドラマなどとは違って、実際の弁護士はひとつの案件にかかりきりになるのではなく、複数の案件を同時に担当していることがほとんどですので、手際のよさ・要領のよさは非常に大切です。

9:30 出勤

パソコンを立ち上げてメールをチェックし、当日のスケジュール確認などを行います。

10:00 法律相談

予約されていた法律相談に応じ、法的解決方法などをアドバイスします。

11:00 デスクワーク

相談結果に基づき、相手方に送付する書類を作成します。

12:00 昼食休憩

同僚の弁護士と近くの店で昼食を取ります。

13:00 民事裁判

裁判所に移動し、法廷で依頼人の弁護を行います。

16:00 帰社

事務所に戻り、明日予定されている裁判のために判例を集めます。

18:00 打ち合わせ

クライアントの仕事終わりを待って、面談を行います。

20:00 退社

準備に一通りの目途が付いたら帰宅します。

一般企業で働く弁護士の1日

一般企業に勤める場合、弁護士資格を持っているとはいえ、基本的な働き方はほかの社員と同じです。

法律事務所と比較すると、その1日はかなり規則的であり、勤務時間は9:00~17:30前後に定められていることが一般的です。

自社の企業法務などを専属的に手掛けるため、外部からの依頼に対応することもなく、急に土日にアポイントが入るケースもほとんどありません。

一定の就業規則の下で働ける企業内弁護士は、法律事務所で働く弁護士よりスケジュールは安定しやすいといえるでしょう。

8:30 出勤

メールチェックやスケジュール確認、法務部内のミーティングなどを実施します。

9:00 リーガルチェック

営業部から送られてきた契約書ドラフトについて、法律的に問題がないかチェックします。

11:00 訴訟打ち合わせ

訴訟代理人となっている社外の弁護士と打ち合わせを行います。

12:00 昼食休憩

社員食堂などで昼食を取ります。

13:00 問い合わせ対応

支店からの法律相談に対して意見を述べます。

15:00 勉強会

社員に対するコンプライアンス勉強会を実施します。

17:00 デスクワーク

更新する予定の規約の草稿を作成します。

18:00 退社

業務の進捗状況によっては残業することもあります。

弁護士の勤務時間・休日・仕事は激務?