議員秘書の給料・年収

議員秘書の平均年収・給料の統計データ

議員秘書には公設秘書と私設秘書の区分があります。

公設秘書は国会議員が3人まで雇える秘書で、給与は公費から支払われます。

一方、私設秘書は政治家が私費で雇う秘書です。

公設秘書は特別職国家公務員、私設秘書は議員の個人事務所の職員であり、給与や福利厚生でちがいがあります。

議員秘書の平均年収・月収・ボーナス

公設秘書の場合

公設秘書は国会議員のみが雇える秘書で、政策担当秘書、第一秘書、第二秘書の3人まで公費で雇うことができます。

給料は「国会議員の秘書の給与等に関する法律」で定められており、政策担当秘書と第一秘書、第二秘書では適用される給料表が異なります。

■政策担当秘書と第一秘書の給料月額

一級一号 344,300
一級二号 362,200
二級一号 417,400
二級二号 427,400
二級三号 437,400
二級四号 447,400
二級五号 457,500
二級六号 467,500
二級七号 477,500
二級八号 484,200
二級九号 490,900
三級一号 508,700
三級二号 519,600
三級三号 526,800
三級四号 534,000

※令和2年時点

■第二秘書の給料月額

一級一号 269,000
一級二号 273,000
二級一号 307,500
二級二号 314,900
二級三号 322,300
二級四号 329,600
二級五号 337,000
三級一号 364,500
三級二号 372,600
三級三号 380,800
三級四号 389,000
三級五号 394,400

※令和2年時点

適用される級および号給は、議員秘書として働いた在職期間と年齢により、両議院の議長が協議して決定します。

上記給料に加え、住居手当、通勤手当、期末手当および勤勉手当(いわゆるボーナス)も支給されます。

年収の目安は政策担当秘書でおよそ730万円~1,080万円、第一秘書はおよそ700万円~1,070万円、第二秘書はおよそ540万円~800万円といわれています。

参考:国会議員の秘書の給与等に関する法律