司法書士のつらいこと・大変なこと・苦労

司法書士のつらいこと・大変なこと

絶対にミスが許されない

司法書士が扱う土地や建物、あるいは法人に絡む権利関係は、いずれも社会的価値・金銭的価値の非常に高いものです。

裁判所や法務局での手続きは、複数の関係法規や多数の当事者が絡むため、複雑になりがちですが、司法書士には絶対にミスは許されません。

もしも事務上の見落としや書類の不備などがあり、不動産取引などが成立しなかった場合、社会的な信用を失ってしまうばかりでなく、金銭的な補償を求められるケースもあります。

完璧にこなして当然という司法書士の仕事には、常に重いプレッシャーがつきまといます。

業務量が多い

勤務しているか独立しているかによって多少の違いがありますが、司法書士は一般的に、一人で数多くのことをこなさなければなりません。

書類作成などのデスクワークに加え、法務局や裁判所での事務手続き、金融機関とのやり取りなど、事務所内外で多様な業務があり、一日中忙しく走り回ることも珍しくありません。

とくに年度末などの繁忙期は、複数の案件を抱えて業務量は膨大になりがちで、深夜までの残業に追われることもあります。

さらに、独立している場合は、顧客対応などもすべて自分でこなす必要があるため、依頼者の都合で土日にアポイントが入ることもあり、働き詰めでワークライフバランスが乱れてしまう可能性もあります。

司法書士の悩み

司法書士の悩みとして、ほかの士業の人々との人間関係が挙げられます。

司法書士は、行政書士弁護士税理士など、ほかの法律関係の有資格者との業務の関連性が高いため、それらの士業の人々と共に仕事をする機会が多々あります。

ただ、そうした人々は、頭脳が優秀である一方、プライドが高くて態度が横柄だったりと、人間的に癖のある人も少なくありません。

司法書士のなかには、そういった人たちとのコミュニケーションや人間関係の構築に苦労する人もいるようです。

また、複数人の司法書士で合同の事務所を経営していたり、行政書士事務所と共同運営していたり、あるいは弁護士事務所で勤務している場合は、日常的にほかの士業の人々と接することになります。

個人で司法書士事務所を運営している場合と比べると、人間関係の悩みはより大きくなる可能性が高いといえるでしょう。

司法書士を辞める理由で多いものは?

司法書士を辞める理由のなかで多いのは、思ったほど収入が高くなかったというものです。

司法書士事務所に勤務する場合、基本的に給料は実力次第ですので、とくに実務経験の少ない若手のうちは、たとえきわめて合格率の低い難関試験を突破したといっても、そこまで高給が得られるわけではありません。

また、いずれ独立するための修業期間とみなされるため、勤務司法書士の給与体系は業界全体でそれほど高くはないという事情もあります。

さらに、独立開業した後も、司法書士報酬は弁護士などと比較すると案件ごとの単価が安いため、かなり数多くの依頼をこなさければ、高収入を得ることは困難です。

開業前の人脈づくりが不十分だったり、司法書士としては優秀でもビジネスセンスに欠けていたりすると、競合にさらされて、事務所運営に必要な最低限の案件数さえ獲得できないという事態も想定されます。

せっかく独立したものの、ろくに食えないので廃業せざるを得ないという司法書士も一定数いるようです。