社会保険労務士の1日のスケジュール・生活スタイル

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

社会保険労務士の業務スケジュール

社会保険労務士の代表的な就業先としては、「社会保険労務士事務所」「企業の総務部や人事部」「コンサルティング会社」などが挙げられます。

どこに就職するかによって、生活スタイルは大きく変わるといえるでしょう。

「社会保険労務士事務所」や「コンサルティング会社」で働く場合であれば、顧問先やクライアント企業へ訪問することもあり、忙しい日は1日に数件の企業を回ることもあります。

「給料や賞与について計算してほしい」「育児休暇を取得する社員に必要な手続きを教えてほしい」「健康保険料に関する相談に乗ってほしい」など、依頼内容はさまざまです。

一方、「企業の総務部や人事部」で働く場合は、基本的にはその企業に属するほかの社員と同様の就業スタイルになります。

社会保険労務士事務所で働く社会保険労務士の1日

社会保険労務士事務所は「始業9:00~終業18:00」としている場合が多いようです。

社会保険労務士事務所で働く社会保険労務士の、基本的なスケジュール例を紹介します。

8:30 出社
少し早めに出社して、メールチェックなどをおこないます。

顧問先からの依頼や、労務に関する専門的な質問が届いていることもあります。

9:00 各種書類の作成・提出
顧客の保険や年金に関する書類作成を進めます。

午前中に労働基準監督署やハローワークに出向いて、書類提出をおこなう日もあります。

12:00 休憩
昼食を食べて午後からの仕事に備えます。
13:30 顧問先を訪問
顧問先を定期的に訪問し、労務上の問題点がないかを確認します。

新しく入社した人や退職する人がいる場合は、その社員に関する書類などを受け取ります。

16:00 デスクワーク
顧問先から事務所に戻り、再び各種手続きに必要な書類作成を進めていきます。
18:00 退社
作業の進み具合に問題がなければ、1日の仕事は終了です。

ただし、月末などの手続きが集中する時期は残業をすることも珍しくありません。

コンサルティング会社で働く社会保険労務士の1日

続いて、コンサルティング会社で働く社会保険労務士の1日を紹介します。

こちらは人事や労務に関するコンサルティングをおこなうために、 クライアント企業への訪問が多い点が特徴です。

そのため、クライアント企業の就業時間に合わせた柔軟な働き方が求められるでしょう。

コンサルティング会社で働く場合の基本的なスケジュールは以下のとおりです。

8:30 出社
会社に出勤して、1日のスケジュールを確認します。
10:00 クライアント企業の資料を確認
クライアント企業に訪問する前に資料を確認し、基本情報を押さえておきます。
11:00 クライアント企業に訪問
クライアント企業に出向き労務や人事に関する相談を受けて、今後の解決策について話し合います。
12:00 休憩
その日のスケジュールによって、昼食は外で食べる日もあれば自社で食べることもあります。
13:00 別のクライアント企業に訪問
午前中とは別のクライアント企業に出向き、コンサルティングや資料の受け取りなどをおこないます。
15:00 社会保険事務所に書類提出
必要に応じて、社会保険事務所に代理で書類を提出に行くこともあります。
16:00 デスクワーク
会社に戻り、資料作成などのデスクワークを進めます。
18:00 退社
翌日のスケジュールを確認して、業務終了です。

ただし、案件が立て込んでいる日は残業することもあります。

社会保険労務士の勤務時間・休日