パラリーガルの1日・生活スタイル

パラリーガルの業務スケジュール

パラリーガルの1日は、雇用形態や勤務先の事務所によっても異なります。

大きく分けると、企業内でパラリーガルとして法務事務に携わる働き方や、法律事務所などで弁護士とともに業務を行う働き方などがあります。

企業内でパラリーガルとして勤務する場合は、法律事務所での勤務と比較してよりチームで業務にあたることが求められます。

所内の同僚は異なる業務に携わっている場合も多く、扱う案件も複数にわたるため、報告・連絡・相談の「ホウレンソウ」を常に忘れず、コミュニケーションを図ることが大切です。

また、チームで業務に取り組んでいるという意識を持ち、サポートし合って業務を進めることも欠かせません。

法律事務所でパラリーガルとして働く場合は、勤務先の事務所によって業務形態や業務内容など細かな点が異なります。

法務事務に加え、担当弁護士の秘書的役割を担うことも少なくありません。

電話応対や来客応対、スケジュール管理なども業務内容になります。

また、内勤ばかりでなく用事などで外出することもあります。

企業内で働くパラリーガルの1日

企業内でパラリーガルとして働く場合、勤務形態や働き方などは他の部署の社員と同様に取り扱われることがほとんどです。

法務関連の部署は本社や本社機能のある大きな支社に置かれるケースが多いため、他の部署に比べると転勤などは少ない傾向にありますが、部署間での異動の可能性などは企業によってさまざまです。

9:00

出勤し、デスク回りを掃除します。
コーヒーを淹れながら、メールやFAXなどをチェックします。

9:30

朝礼で各自の進捗状況を共有します。今週は残業など少なく帰れそうです。

10:00

午後からの会議に向け、このところかかっている報告書をしあげます。

11:30

報告書の最終チェックが済み、上司に提出します。
OKがもらえたので、午後の会議に必要な部数をコピーして会議の準備を進めます。

12:00

昼休みにランチがてら頼まれたお茶菓子を買いに寄ります。

13:30

四半期に一度の報告会議です。
同じ部署から自分を含めて3人出席します。
報告書にミスはなく、無事会議は終了です。

15:30

席に戻り、部署内で保管するための会議の議事録・報告書を作ります。

17:00

明日の打合せに向けて書類の準備をします。
社内で掛かってきた法務関係の問い合わせをメモし、調べて折り返し回答をします。

18:00

明日の予定をチェックして、退勤します。

法律事務所で働くパラリーガルの1日

日本においては、弁護士1名にスタッフが数名からなる小規模な法律事務所がほとんどです。

それらの事務所ではパラリーガルが弁護士秘書業務を兼ねている場合がほとんどであり、パラリーガルと弁護士秘書の線引きはあいまいです。

9:00

郵便局に立ち寄り、切手をまとめて購入します。

10:00

クライアントの来客対応(お茶出しなど)、配布する資料や郵便物の準備をします。

11:00

打合せのまとめのメモを担当弁護士から受け取り、それに基づいて議事録を作ります。

12:00

昼休みは近隣のカフェなどでランチを取ります。

13:00

裁判所や法務局、郵便局や他事務所などの関係機関へ外出し、書類の提出や必要情報の照会などを行います。
その他、弁護士の指示に従い適宜さまざまな業務を行います。

15:00

弁護士からの指示で、訴状、答弁書、申立書等の書類について、書類に問題がないか、誤字脱字がないか、わかりにくい文章でないかなどを細かく最終チェックします。

また、担当する事件に関する文献や判例を調査し、弁護士に提出します。

18:00

翌日のスケジュールの確認などをし、メールチェックを行った後、終業となります。

残業が日常的になることも

パラリーガルは弁護士のアシスタント業務を行いますが、勤務する法律事務所の専門分野や、規模によって大きく異なり、1日の流れも様々です。

たとえば、日本で多くの割合を占める小規模事務所の場合は、パラリーガルが秘書業務や一般事務と法律事務を兼ねているケースが多くなっています。

一方、規模の大きな渉外事務所や大手弁護士事務所では、秘書業務や一般事務とパラリーガル業務が分業化されているため、パラリーガルは契約書の翻訳や法律文書作成、調査といった専門的な業務に集中しています。

また定時で勤務を終えることのできる事務所がある一方で、忙しい事務所では残業なども日常的に必要になることもあります。

パラリーガルの勤務時間・休日