土地家屋調査士になるには? 資格を取るには?

土地家屋調査士になるまでの道のり

資格を取得するまで

土地家屋調査士になるためには、国家試験に合格して土地家屋調査士資格を取得する必要があります。

試験を受けるにあたって必要となる学歴や実務経験などはとくになく、誰でも受験することが可能です。

試験は例年10月第3週の日曜日に行われる筆記試験、翌年1月中旬頃に行われる口述試験の2回に分けて実施され、筆記試験合格者だけが口述試験に進むことができます。

口述試験に合格すると、各都道府県の土地家屋調査士会名簿に登録できるようになりますので、25,000円の登録手数料を納めて登録すると、土地家屋調査士として働けるようになります。

なお、試験を受ける以外にも、法務省の職員として一定年数勤務した後、法務大臣の認定を受けることで資格を取得する方法もありますが、国家試験を受験する人が圧倒的多数です。

資格を取得してから

資格制度上は、試験に合格しさえすれば、土地家屋調査士を名乗って業務を請け負えるようになるものの、資格を得ることと、実際に仕事を手掛けることは、まったく別の話です。

試験をパスできるだけの知識があっても、それはあくまで土地家屋調査士として必要最低限の基礎を身につけたにすぎません。

実地での測量作業や、CADを用いた計算と製図、法務局への申請手続きなど、一連の業務をこなせるようになるには、数年単位の時間をかけ、少しずつ実務経験を積んでいかなくてはなりません。

すべての業務を単独でこなし、顧客から報酬を受け取れるようになって初めて、一人前の土地家屋調査士になったといえるでしょう。

土地家屋調査士の資格・難易度

土地家屋調査士は、法務省の主管する国家資格であり、「表題登記」や「筆界特定」など、資格保有者しか手掛けることのできない「独占業務」を有しています。

土地家屋調査士試験は、不動産登記や民法などの法律問題や、かなり専門的な作図問題・計算問題が出題される難関であり、近年の合格率は8%~9%という非常に低い水準で推移しています。

合格するために必要な勉強時間は700~1000時間が目安とされており、1年~2年ほどの期間をかけて受験勉強に励むケースが一般的です。

なお、測量士、測量士補、一級・二級建築士のいずれかの資格を有している場合、平面測量と作図に関する試験が免除されますので、難易度は大きく下がります。

受験者の多くは、取得難易度の低い測量士補の資格を先に取って、免除要件を満たしてから、土地家屋調査士試験に臨むようです。

土地家屋調査士試験の難易度・合格率

土地家屋調査士になるための学校の種類

土地家屋調査士になるための学校として代表的なのは、日建学院や東京法経学院、LECといった、資格専門の民間予備校です。

土地家屋調査士を目指す人のなかには社会人も多いため、仕事の後に通いやすい夜間コースや、自宅で学べる通信コースも設けているところも数多くあります。

また、高校生をはじめ、これから進路選択を控えている人については、測量系や土木系、建築系の専門学校や、4年制大学の工学部、理工学部などが候補となるでしょう。

なお、試験制度上は学歴不問であるため、これらの学校のどれにも通わず、独学だけで資格取得を目指すことも不可能ではありません。

しかし、土地家屋調査士試験は合格率一桁台の難関ですので、できればいずれかの学校で専門的に勉強することが望ましいでしょう。

土地家屋調査士になるための学校と学費(予備校・大学・専門学校)

土地家屋調査士に向いている人

土地家屋調査士に向いているのは、能力的なバランスが取れている人です。

たとえば、土地家屋調査士には、法務局への申請手続きに必要な法律知識と、測量作業に必要な三角関数などの数学スキル、その両方が求められますので、文系科目も理系科目もこなせる人に適性があります。

同じように、土地家屋調査士は書類作成などのデスクワークと、物件調査などのフィールドワーク、どちらもこなす必要がありますので、事務処理能力もあるし体力もあるという人に適性があります。

どれかひとつの能力が突出しているけれども、苦手分野も多いという人よりは、際立った得意分野はないけれども、なんでも平均的にこなせるという人のほうが、土地家屋調査士に向いているでしょう。

土地家屋調査士に向いている人・適性・必要なスキル

土地家屋調査士のキャリアプラン・キャリアパス

土地家屋調査士のキャリアとしては、資格取得後、土地家屋調査士事務所や測量会社などに勤め、数年程度の実務経験を積んでから、独立するという流れが一般的です。

いきなり独立することも不可能ではありませんが、上述したように土地家屋調査士には現場での経験が大切ですので、まずはどこかに就職することが望ましいでしょう。

ただし、試験合格後すぐに独立したい場合は、予備校が開講している測量の実践研修などを受け、必要な実務スキルを身につけるという方法もあります。

独立に際しては、個人事務所を開く人もいれば、親の事務所を継ぐ人もおり、複数の資格保有者で土地家屋調査士法人を設立する人、行政書士司法書士などと組んで、共同で事務所を経営する人もいます。

また、資格取得後も勉強に励み、士業系国家資格などを取得してキャリアアップし、手広く事業展開するケースもよく見受けられます。

土地家屋調査士を目指せる年齢は?

土地家屋調査士試験に年齢制限はありませんので、何歳でも受験することが可能です。

近年の試験合格者をみても、平均年齢は40歳前後となっており、一般的な職業と比べても、土地家屋調査士はかなり遅くから目指せる職業といえるでしょう。

ただし、ある程度の実務スキルを身につけるためには、どこかの事務所や企業に就職することが必要であり、年齢を重ねれば重ねるほど、実務未経験で雇ってくれる先を見つけることは困難になります。

従って、30代や40代から土地家屋調査士になるなら、先に就職し、測量に関する実務経験を積むか、あるいは測量士補など、土地家屋調査士より楽に取得できる資格をまず目指したほうがよいかもしれません。

測量士補として測量会社などに勤めながら、土地家屋調査士へのステップアップを目指して、仕事の合間に勉強に励んでいる人も大勢います。

土地家屋調査士は女性でもなれる?

土地家屋調査士会に所属する個人会員は全国に約17,000人弱いますが、そのうちの女性はたった500人程しかおらず、割合にしてわずか3%程度です。

これは、土地家屋調査士が、デスクワークだけでなくフィールドワークもこなすことを求められる職業であることが大きく影響しています。

重い測量機器をかついで森の中や山の中を歩き回るなど、体力が求められることも少なくありませんし、真夏の炎天下や風雨にさらされながら、過酷な環境下で作業しないといけないこともあります。

しかし、それはあくまで「土地家屋調査士になりたいと思う女性がさほど多くない」というだけであり、女性であっても、土地家屋調査士として活躍することは十分可能です。

近年は、技術の進歩によって機材も軽量化されていますし、女性の不動産所有者が増えたことで、同性の土地家屋調査士に任せたいという依頼も増えています。

とくに相続が絡む場合、自身や家族のデリケートな事情に触れることもありますので、女性同士のほうが相談しやすいようです。

女性の土地家屋調査士のキャリアパス・結婚後の生活