社会保険労務士になるには

社会保険労務士になるまでの道のり

試験には「受験資格」が必要

社会保険労務士になるためには、国家試験である「社会保険労務士試験」に合格しなければいけません。

しかし、この試験は誰でも受けられるわけではなく、受験資格として「学歴」「実務経験」「厚生労働大臣の認めた国家試験合格」のいずれかひとつを満たす必要があります。

それぞれの項目について具体的に見てみましょう。

学歴について

まず学歴に関する受験資格については、以下に当てはまる人がおもな対象者となります。

・大学・短期大学・高等専門学校を卒業した人
・上記の大学(短期大学を除く)において62単位以上を修得した人
・修業年限が2年以上で、かつ、課程の修了に必要な総授業時間数が1,700時間(62単位)以上の専修学校の専門学校を修了した人

参考:社会保険労務士試験オフィシャルサイト

これ以外にも、全国社会保険労務士会連合会の個別の受験資格審査により、学歴を満たしていると認められる場合もあります。

実務経験について

実務経験に関する受験資格については、以下に当てはまる人がおもな対象者です。

・社会保険労務士や弁護士の業務の補助に従事した期間が通算3年以上になる人
・国や地方公共団体の公務員として行政事務にたずさわった期間が通算3年以上になる人
・労働社会保険諸法令の規定に基づいて設立された法人の役員や従業者として実施事務に携わった期間が通算3年以上になる人

厚生労働大臣の認めた国家試験合格について

3つ目の受験資格である「受験資格厚生労働大臣の認めた国家試験合格」とは、以下の内容がそれに当てはまります。

・行政書士の資格を持っている人
・司法試験の第一次試験、高等試験予備試験に合格した人
・その他厚生労働大臣が認めた国家試験に合格した人

試験合格後は実務経験もしくは指定の講習を修了する

受験資格を満たして国家試験を合格できたとしても、試験に合格したらすぐに社会保険労務士になれるというわけではありません。

社会保険労務士として働くためには「全国社会保険労務士連合会」の社会保険労務士名簿に登録する必要があり、その名簿登録にも条件が定められています。

具体的には「2年以上の実務経験」、もしくは連合会が定める「指定の講習の修了」のどちらかの条件を満たさなければいけません。

参考:全国社会保険労務士会連合会 社労士の登録申請について

社会保険労務士になるまでのルート

社会保険労務士の資格・難易度

社会保険労務士試験の難易度についても確認しておきましょう。

社会保険労務士試験の過去5年間の合格率は以下の結果となっています。

・社会保険労務士試験の合格率
2015年度 2.6%
2016年度 4.4%
2017年度 6.8%
2018年度 6.3%
2019年度 6.6%

参考:厚生労働省 第51回社会保険労務士試験の合格者発表

このように過去3年間の合格率は6%台で推移しており、「試験の難易度は高い」と考えてよいでしょう。

独学での合格も不可能でありませんが、資格試験のスクールや通信教育などに通って試験合格を目指すのが一般的です。

社会保険労務士試験の難易度・合格率

社会保険労務士になるための学校の種類

社会保険労務士試験の受験資格を得るには「学歴」「実務経験」「厚生労働大臣の認めた国家試験合格」のいずれかひとつを満たす必要があります。

このうち「学歴」部分で受験資格を満たすのであれば、基本的には「大学・短期大学・高等専門学校」のいずれかを卒業しなければなりません。

試験では労働基準法や雇用保険法などの「労務・社会保険関係の法律」に関する知識を問われることになるため、学部選択の際には「法学系」を選ぶと有利だと考えられます。

社会保険労務士試験のための学校(予備校・通信講座)

社会保険労務士に向いている人

社会保険労務士は、労務に関する複雑な手続きや計算をしなければならない仕事です。

そのため、「几帳面な人」や、細かい計算や文書作成などの「事務処理能力が高い人」に向いている仕事だといえるでしょう。

また、社会保険や労務の分野は法改正が多いことから、それをキャッチアップしていくためにつねに勉強を続けていくことが必要となります。

就職後も自分の知識を更新し続けられる「向上心の高い人」でないと、社会保険労務士として活動していくことは難しいでしょう。

社会保険労務士に向いている人・適性・必要なスキル

社会保険労務士のキャリアプラン・キャリアパス

国家資格の取得後は「社会保険労務士事務所」への就職を考える人も多いですが、小規模の事務所が多く、求人も少ないのが現状です。

そのため、資格を生かして一般企業の総務部や人事部、コンサルティング会社への就職を目指したり、企業内で働きながら資格を取得する人も多いです。

日本では少子高齢化や年金の問題により労務分野の法改正が度々おこなわれていることから、専門性を持った社会保険労務士に対する期待は高まっているといえるでしょう。

一般企業や社会保険労務士事務所で経験を重ねたあとは、独立開業を目指す人も少なくありません。

社会保険労務士を目指せる年齢は?

社会保険労務士試験の受験資格には「年齢」に関する要件はありません。

そのため、ここまでご説明してきた受験資格を満たす人であれば、年齢に関係なくいつでも挑戦可能な資格となっています。

とはいえ、資格を取得した後の就職や独立開業のことを考えるのであれば、できる限り若いうちに取得したほうが資格を生かせるチャンスは多いといえるでしょう。

社会保険労務士は高卒から目指せる?

社会保険労務士試験を受験する際の学歴要件は、基本的には「大学・短期大学・高等専門学校」のいずれかを卒業していることが求められます。

そのため、高卒の場合は学歴部分で受験資格を満たすことができないため、学歴以外の「実務経験」「厚生労働大臣の認めた国家試験合格」のどちらかで受験資格を得る必要があります。

「実務経験」であれば社会保険労務士の補助として3年以上働くことで受験資格を得られるため、実務に触れながら勉強もできることから、高校卒業後に未経験で事務所への就職を目指す人もいます。

社会保険労務士は女性でもなれる?

社会保険労務士は体力や持久力が要求されるような仕事ではないため、性別によって有利・不利が生じるような仕事ではありません。

それよりも事務作業を正確・丁寧にこなせることが重視される仕事であり、女性が活躍しやすい職業だといわれています。

2019年度の社会保険労務士試験合格者の男女構成比をみても男性が64.3%、女性が35.7%であり、「約3人に1人」が女性の合格者となっています。

女性の社会保険労務士のキャリアパス・結婚後の生活

社会保険労務士を目指すなら転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で社会保険労務士を目指す場合には、転職エージェントに登録しておくのもおすすめです。

転職アドバイザーから、業界情報を聞くことができたり、社会保険労務士の「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っている、そもそも社会保険労務士が自分に合っているか不安という段階でも、専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができます。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20s」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ両方とも登録して気軽に相談してみてください。