パラリーガルのやりがい・楽しさ・魅力

パラリーガルのやりがい・楽しさ

女性が活躍できる仕事

法律事務所で勤務するパラリーガルには、前面に立つ弁護士が仕事を進めやすいように、秘書業務や法律事務を通して弁護士を主体的にサポートしていく能力が求められます。

細かな気配りや気遣い、また高い事務処理力といった能力を発揮できる女性は、職場で重宝されるでしょう。

また、すでにパラリーガルとして働く女性が多くいるため、女性にとって働きやすい環境ができている職場が多くあります。

法律の専門的な知識を身につけて、弁護士のサポート役として活躍したいと考える女性にとっては、魅力的な仕事だといえるでしょう。

社会的意義の大きな仕事

法律事務所を訪れる人は、何らかのトラブルに巻き込まれて困っている人や企業です。

パラリーガルは弁護士と協力して、法律事務という側面から、そのような人たちのサポートをします。

実際、多くのパラリーガルが、「クライアントから感謝された際に、非常にやりがいを感じられた」と話しています。

パラリーガルは、世のため、人のために働ける実感が味わえる、大変意義深い仕事といえるでしょう。

パラリーガルの仕事内容

パラリーガルの魅力

専門性を高めキャリアを積んでいける

パラリーガルの大きな魅力は、経験を積むことで専門性やキャリアを築いていけることです。

法律事務の業務では、裁判所への手続きや書面等においても独特の細かいルールがあります。

また、人の人生に大きく関わるため、ミスは許されない厳しい世界でもあります。

大変な面も多々ありますが、現場で経験を積んだパラリーガルは多くの法律事務所で重宝され、転職面でも有利といえます。

一度スキルを身につけると、たとえば家庭の事情などによって転職しなければならない場合でも、一般事務職よりも転職しやすい魅力があります。

コミュニケーション能力や気配り、ビジネスマナーが身につく

とくに法律事務所での勤務では、クライアントを中心に、弁護士を主として複数のスタッフでチームを組んで仕事を進めます。

パラリーガルにとっては顧客対応も大切な業務のひとつなので、相手の不安や悩みをしっかりくみとったうえで、細やかな気配りが不可欠です。

また、顧客対応に限らず、裁判所や法務局など外部とのやりとりでもビジネスマナーは欠かせません。

弁護士に同行して裁判所などに赴くこともありますので、挨拶・お辞儀・敬語・名刺交換などTPOに応じたビジネスマナーが自然と身につきます。