海事代理士の仕事、業務内容

海に関連する法律の専門家 海事代理士は国家資格であり、「海の法律家」として「海事代理士法」という海に関連する法律の規程に基づく申請、届出、登記などの手続きを行ったり、これらの手続きに関する書類の作成などを行う仕事です。 … 続きを読む

海事代理士の1日

デスクワークも外回りをすることも 海事代理士の1日の流れは、勤務先やその時々に抱えている案件によっても多少変わってきますが、日々のおもな業務内容はクライアントとの打ち合わせや、行政機関に提出するための書類の作成となってく … 続きを読む

海事代理士のやりがい、魅力

造船業を支え、海の安全を守ることができる 船舶を造る際にはさまざまな検査や手続きが必要になってきますが、そこで海事に関する専門的な知識を生かし、各手続きを代行するのが海事代理士の重要な役割です。 船に関わる法律は複雑な内 … 続きを読む

海事代理士のつらいこと、大変なこと、苦労

その他の資格取得も必要 海事代理士の資格を生かして働きたい場合、現実的には他の士業系資格も併せ持つ必要があるといわれています。 海事代理士の業務範囲は、小型船舶の登録は行政書士、一般の船舶登記は司法書士、船員労務関連は社 … 続きを読む

海事代理士の現状と将来性

貿易に関わる重要な仕事 海事代理士は、日本にさまざまある法律専門職のなかでも、海事に関する法律の専門家として活躍することができる資格です。 知名度はさほど高くありませんが、行政書士、司法書士などと同じような国家資格であり … 続きを読む