弁理士になるには

弁理士になるには

資格を取得するまで

弁理士として働くには、まず国家資格を取得することが必要ですが、弁理士資格を取得する方法は3種類あります。

最も一般的なのは弁理士試験を受けて合格する方法であり、短答式・論文式・口述式の3段階で実施される試験を順に受け、すべてに合格すると資格が取得できます。

あとの2つは、司法試験を受けて弁護士資格を取得する方法と、特許庁に就職し、審査官または審判官として7年以上の実務経験を積む方法です。

しかし、司法試験を受けるには4年制大学を卒業した後、法科大学院に進学することが必要であり、また司法試験がきわめて難関であることを考えると、あまり現実的な選択肢とはいえません。

また、特許庁に勤めるルートについても、入庁のためにはきわめて倍率の高い国家公務員採用試験をくぐり抜けねばならないうえ、審査官になるには、審査官補として4年のキャリアを積まなければなりません。

従って、最短でも資格取得まで11年ほどかかる計算になり、時間がかかりすぎるのが大きなネックです。

これから弁理士資格の取得を目指すなら、国家試験を受ける方法が最も近道なのは間違いないでしょう。

資格を取得してから

新たに弁理士資格を取得した人については、資格を登録して業務を行う前に、「実務修習」を受講することが義務付けられています。

試験に合格した後は、特許事務所に就職して実務経験を積むことが一般的ですので、業務と並行しながら実務修習をこなすことになります。

実務修習は、インターネットを用いたeラーニングと事前課題の作成を行った後、東京・名古屋・大阪のいずれかに集まり、合計27時間の座学を受けます。

すべてのカリキュラムが終了すると、弁理士会に資格を登録し、晴れて弁理士として働くことができるようになります。

弁理士の資格・難易度

弁理士試験の試験科目は、特許法、実用新案法、意匠法、商標法などの必須科目に加えて、数学化学、生物といった選択科目も出題され、非常に勉強する範囲が広いことが特徴です。

試験の合格率は近年6%~7%という非常に低い水準で推移しており、司法試験に次ぐ難易度とされています。

一発合格できる人はきわめてまれで、合格までには平均3回~4回ほどの受験を要します。

特許事務所に勤めて実務経験を積みながら、長年かけてやっと資格取得までたどり着く人も少なくありません。

合格までに必要な勉強時間は3000時間が目安とされており、長期にわたる継続的な努力が必要になるでしょう。

弁理士試験の難易度、合格率

弁理士になるための学校の種類

弁理士試験に受験資格はありませんので、学歴に関係なく、誰でも試験を受けることが可能です。

しかし、試験で問われる知識は質・量ともにハイレベルであり、受験者の大半は大卒者や院卒者です。

また、試験内容は法律知識が中心であるものの、実際の業務は科学技術や工業技術に関連したものが多くなるため、理系出身者が多いことが特徴です。

試験の合格者の内訳は、例年理工系出身者が80%以上を占めています。

ただ、弁理士の業務には、理系知識だけでなく、法律知識や文章力、語学力も求められるため、文系出身者が不利になるというわけではありません。

なお、大学や大学院に通っていても、試験を突破するには専門的な対策が必要になるため、資格学校や予備校とのダブルスクールで勉強に励むことが一般的です。

弁理士になるための学校と費用(大学学部・専門学校・スクール)

弁理士に向いている人

弁理士は、法律を取り扱う専門職であるものの、特許は科学技術や工業技術に関するものが多く、文系・理系双方の分野について幅広い知識が必要になります。

技術の進歩する勢いはめざましく、また特許法などもかなりの頻度で法改正が行われますので、弁理士は生涯にわたって自身の知識を更新し続けなければなりません。

従って、さまざまな分野について知的好奇心があり、勉強熱心で自分を高めることに貪欲な人が、弁理士に向いているでしょう。

弁理士に向いている人・適性・必要なスキル

弁理士のキャリアプラン・キャリアパス

弁理士資格を取得した後は、実務修習を受けることが義務付けられていますので、特許事務所などに就職して経験を積みつつ、研修をこなしていくケースが一般的です。

ひと通りの実務スキルを身につけた後は、そのまま特許事務所に勤める人もいれば、メーカーなどの一般企業に就職して、「企業内弁理士」として活躍する人もいます。

さらに、勤務弁理士として十分に実力や人脈を培った後には、独立開業して、自分の特許事務所を経営する人も少なくありません。

開業して成功している弁理士は、特許事務所での経験と、企業の知財部門での経験、双方のキャリアを有している人が多いようです。

弁理士を目指せる年齢は?

弁理士試験に年齢制限はなく、何歳になっても受験自体は可能であり、合格者のなかには50代や60代という人も見受けられます。

しかし、弁理士は資格を取得しただけですぐに働けるわけではなく、数年間かけて実務スキルや知識を身につけていかなければなりません。

このため、特許事務所などでは、実務未経験者については35歳未満を条件としてしているところが多いようです。

資格を取得したのが35歳以上であってもチャンスがまったくないわけではなく、学生時代の研究履歴などによっては採用されるケースもありますが、就職先が限定されてしまうことは否めません。

弁理士試験は難関であり、通常合格には数年間を要しますので、できれば20代のうちに、遅くとも30歳までには、弁理士試験の勉強を始めることが望ましいでしょう。

特許庁 弁理士試験の結果

弁理士は女性でもなれる?

弁理士試験の結果をみれば、近年では4人に1人ほどの割合で女性が合格者となっています。

業務の大半はデスクワークであり、筋力や体力はほとんど必要とされないため、弁理士は女性でも目指しやすい職業であり、ほかの士業系資格と比較しても、弁理士は女性の割合が高いといえます。

また、期限に追われる仕事であるものの、基本的に一人で作業を行うため、細かいスケジュールは個人の裁量に委ねられています。

弁理士は、家事や育児などに追われる女性であっても、比較的仕事との両立を図りやすい職業といえるでしょう。

女性の弁理士のキャリアパス・結婚後の生活