弁理士の1日・生活スタイル

弁理士の業務スケジュール

弁理士の業務は、特許事務所やメーカーなど、勤め先によってさまざまですが、基本的には知的財産に関連したデスクワークが主体となります。

しかし、特許事務所の場合は顧客との打ち合わせや特許庁担当審査官との協議など、一般企業の場合は社内の別部署や外部弁理士との会議などにも、それぞれ多くの時間を割かなければなりません。

このため、既存特許の調査や申請書類の作成といった事務作業に充てられる時間は限られています。

また、新しく開発された技術や法律の改正内容などについて、その都度自身の知識を増やして対応していかなければならないため、それらを勉強する時間も捻出する必要があります。

弁理士の1日は、さまざまなタスクに追われ、スケジュールがぎっしり詰まっていることが多いでしょう。

特許事務所で働く弁理士の1日

特許事務所では、顧客から依頼を受けて、特許申請手続きなどを代行することがおもな仕事です。

1日のスケジュールは、お客さまの都合を最優先させつつ、各案件の進捗状況に従って組んでいくことになります。

大規模事務所では、スタッフごとにある程度役割分担がなされている一方、小さな事務所では、顧客との面談から書類作成、申請手続きまで単独でこなすケースが一般的です。

基本的に弁理士は一人で複数の案件を抱えていますので、同時並行で業務を処理するため、慌ただしく駆け回る日も少なくないでしょう。

また、海外案件を手掛ける場合は、早朝や深夜に電話やスカイプなどで会議を行うことも少なくありません。

8:30 出勤
パソコンを立ち上げ、メールをチェックしたり、1日の予定を確認したりします。
9:00 ミーティング
事務所内で打ち合わせを行い、案件ごとの進捗状況を報告し合います。
9:30 デスクワーク
特許庁に提出するための意見書や明細書などを作成します。
12:00 昼食休憩
外へ食べに行ったり、持参した弁当を食べたりします。
13:00 特許庁訪問
午前中に作成した書類を持参し、担当審査官に対して説明を行います。
16:00 顧客面談
新しい出願申請案件について、お客さまから技術の詳細を聴取します。
18:00 退社
日によっては、退社後に自宅で法改正などを勉強することもあります。

一般企業で働く弁理士の1日

メーカーなどの一般企業で働く弁理士は、案件をお客さまから外注する特許事務所とは異なって、自社に関する知的財産の出願や管理運営を専属的に手掛けます。

また、弁理士としての仕事だけでなく、サラリーマンとして多様な業務をこなすことが求められる点が特徴的です。

研究開発部門や経営戦略部門など、他部署と協力して仕事をするケースが多いため、1日のうち多くの時間を打ち合わせや会議などに割くことになります。

なお、特許出願手続きなどについては、外部の特許事務所に依頼することもあります。

8:30 出勤
メールチェックやスケジュール確認、部内ミーティングなどを実施します。
9:00 研究開発部門会議
研究開発部門と合同で、開発中の新技術について方向性を協議します。
11:00 既存特許調査
会議の結果に基づいて、類似の技術などが既に登録されていないか調査します。
12:00 昼食休憩
社員食堂などで昼食を取ります。
13:00 外部打ち合わせ
顧問先の特許事務所を訪問し、抱えている訴訟案件について報告します。
15:00 デスクワーク
次回の会議資料や報告書を作成します。
18:00 退社
業務の進捗状況によっては残業することもあります。

弁理士の勤務時間・休日