仕事内容

弁理士を目指す人に役立つブログ(5選)

弁理士の試験に合格するには独学で学ぶほか、資格予備校や通信講座で勉強する方法があります。 弁理士の資格取得後には、特許事務所などに努めたのち独立することも可能です。 今回は、独学で弁理士になった人や特許商標事務所を経営す […]

弁理士とダブルライセンスで多いものは?

弁理士に関連した国家資格 弁理士は、法律系の専門職でありながら、実務は科学技術や工業技術との関連が深く、文系・理系双方の特色を備えているという珍しい職業です。 求められる知識の範囲は非常に広いため、それらに関連した資格も […]

弁理士の需要・現状と将来性

弁理士の現状 弁理士の登録者数は、平成13年の弁理士法改正前後から増加数が顕著となり、平成25年に1万人を突破してからも、年間300人ほどのペースで一貫して増加し続けています。 その一方、長引く景気低迷の影響もあって、各 […]

弁理士のつらいこと・大変なこと・苦労

弁理士のつらいこと・大変なこと さまざまな期限に追われる 知的財産の出願申請は、それぞれの手続きの段階ごとに明確に期限が設けられています。 会社間や個人間など、民間取引の場合は、先方と交渉して期限を延長してもらうこともで […]

弁理士のやりがい・楽しさ・魅力

弁理士のやりがい・楽しさ 特許が取得できたとき 弁理士が最も大きなやりがいを感じるのは、無事に特許が認められ、権利化した瞬間です。 ひとつの特許を取得するまでには、短くても1年、長いものだと10年もかかるケースもあります […]

弁理士と弁護士の違い

弁理士と弁護士の仕事内容の違い 弁理士・弁護士ともに、法律を取り扱う国家資格であり、また名称も似通っていますが、その業務内容や役割は異なっています。 弁理士は、特許法や意匠法といった知的財産法に精通した専門家であり、顧客 […]

弁理士の就職先と仕事内容の違い

弁理士の勤務先の種類 弁理士の勤務先として最も代表的なのは特許事務所です。 特許事務所では、企業の知財部門担当者や個人事業者などを顧客とし、特許をはじめとした知的財産の出願申請手続きを手掛けるケースが一般的です。 しかし […]

弁理士の1日・生活スタイル

弁理士の業務スケジュール 弁理士の業務は、特許事務所やメーカーなど、勤め先によってさまざまですが、基本的には知的財産に関連したデスクワークが主体となります。 しかし、特許事務所の場合は顧客との打ち合わせや特許庁担当審査官 […]

弁理士の魅力

自己の裁量で仕事ができる 弁理士という職業は、多くの仲間と協力して働くというよりは、自分が持つ法律や技術の知識と経験を生かして働く仕事です。 もちろん、新人のうちや難しい案件が発生した際などは上司や同僚に相談することもあ […]

弁理士の仕事内容

弁理士の仕事とは 弁理士は、特許や意匠、商標、実用新案といった知的財産権全般を取り扱う法律のスペシャリストです。 おもな仕事は、法人企業や個人事業者から依頼を受けて、新たに発明された知的財産権を特許庁に申請することと、特 […]