パラリーガルになるためにはどんな学校・大学に行けばいい?

パラリーガルになるための学校の種類

パラリーガルになるためには、学校での単位取得や特別な国家試験の合格は必要とされていません。

そのため、パラリーガルになるために卒業しなければいけない学校や学科などはなく、幅広い学部や学歴の人でもチャレンジできる職種といえるでしょう。

一方で、パラリーガルとしての業務は秘書業務から、より専門性の高い業務までさまざまであり、勤務先によって求められるスキルも大きく異なっています。

自分の目指すパラリーガル像や就職先を明確にすることによって、必要となるスキルや学歴が見えてくるでしょう。

また、専門学校や資格系のスクールで法律関連講座などを受講し、法律を学んだという経歴が面接や実務で役立つ場合もあります。

そういった意味では、法学部などの出身でない場合は、スクールに通って法律を勉強することは評価される可能性があります。

パラリーガルになるには

パラリーガルになるための大学

たとえば、小規模の法律事務所で秘書業務を任せたいという場合は、一般事務をこなすことができればよく、学歴もとくには問わない求人もあります。

一方で、渉外法律事務所で契約書などの翻訳を任せたいという場合は英語系学部、大手の弁護士事務所で法律専門性の高い仕事を任せたいという場合は、大学の法学部や、法科大学院卒業が有利になることもあるでしょう。

国公立の4年制大学の場合は年間約60万円、私立の4年制大学の場合は80万円~100万円程度の学費が標準的です。

法学部などを卒業していれば必ずパラリーガルとして採用されるかどうかは事務所や状況によりますが、大学で4年間学んだという経歴が有利になることは間違いありません。

パラリーガルになるための専門学校

パラリーガルには卒業しなければなれない学校や取得しなければならない資格がある職種ではないため、パラリーガルになるための専門学校というものはありませんが、法律系のコースで学ぶことによって法律系の知識を体系立てて学ぶことができる専修学校はいくつかあります。

パラリーガルを養成するコースではなく、「法律家を目指すコース」「法律系コース」などがそれに該当します。

3~4年間の修業年数で、年間90万円程度が平均の学費ですが、学校独自の奨学金制度などもありますのでうまく利用するとよいでしょう。

また、大学と提携し、必要な単位要件や試験をパスすれば大学卒業(法学士)の学位をえられる専門学校も出てきています。

パラリーガルになるためのスクール

他の資格スクールと比較すると数はそれほど多くはないものの、パラリーガルを目指す人向けの講座を提供しているスクールもあります。

残念ながらパラリーガル講座を受講することによって、公的な認定資格を得ることができるわけではありません。

しかしながら、パラリーガルの業務に必要とされる基礎的な法律の知識や、パラリーガルの実際の業務内容や業界はどういったものなのかということを学び、その証明として役立てることはできるでしょう。

また、パラリーガルの講座を提供するスクールの中には、講座修了後に法律事務所等に就職ができるように、履歴書や職務経歴書の添削や個別面談対策、インターンシップ制度、求人情報を提供しているところもあります。

せっかく費用をかけるのであれば、講座終了後のサポートが充実しているかは非常に重要なポイントとなるでしょう。

パラリーガルになるための通信講座

自宅から通学できる範囲にないという場合は、通信講座を提供しているスクールの活用を検討することもよいでしょう。

資格系スクールの中には、これから法律事務職(パラリーガル)として働きたいと考えている未経験者を主に対象とした入門講座などを開設しているところがあります。

受講のメリットとしては、自分のペースで始めたいと思い立ったタイミングで勉強を始められること、パラリーガルの基礎をしっかり学べることなどが挙げられます。

法律事務職(パラリーガル)の仕事の内容や求められるビジネスマナー、法律の基礎など、法律事務職(パラリーガル)としての一連の基礎を体系立てて身に付けるためのカリキュラムとなっており、2~3ヶ月を目安に、数万円程度の講座が主となっています。

修了時には修了試験などが設定されている講座もあり、公的資格ではないものの勉強を終えた証になりますので、面接時にアピールすることができるでしょう。

パラリーガルの学校選びのポイントは?

専門学校や資格系スクールなどの通学講座を選ぶ時には、無料公開講座に参加してみることで、講座のや受講生、スクールの雰囲気や講義の進め方を体験できます。

一方、 通信講座を決める場合は、資料を請求し送られてきた資料やサンプル教材の比較を頼りに、に絞り込む必要があります。

その際、(1)通信講座専用の講義動画があること(2)テキストが充実していることの二つのポイントが重要です。

通学講座と違い、通信では一人で勉強を進めることになります。

テキストだけ送られてきて文章を追うよりも、わかりやすく楽しく学習が進められる視聴覚教材があることがベターです。

また、勉強をする上で最も大切な教材は基本テキストです。

大手の法律系スクールは、やはりテキストの質が高く、毎年改定されています。

資料請求をすると見本テキストがもらえることもありますので、見やすいかどうかも含め、しっかりチェックすると良いでしょう。

ただ文字の羅列になっている味気ないテキストよりも、「図や表がたくさん使われている」「解説がわかりやすく、見やすいレイアウトになっている」などの点が重要です。

また、テキストがカラーかどうか、副教材はあるのか、わからない点があった場合に質問できるシステムになっているかどうか(質問カードやWebサービスがあるかどうかなど)、欲しいと思う点を見比べて受講する講座を選びましょう。

費用もさまざまですので、予算に応じて検討するようにしましょう。