化粧品メーカーで働くには(大学学部・学歴)

化粧品メーカー社員になるまでの道のり

化粧品メーカー社員として働くには、各メーカーが実施する社員採用試験を受け、採用される必要があります。

大手化粧品メーカーでは、ほぼ毎年、大卒以上の学歴がある人を対象とした定期的な「新卒採用」を実施しています。

新卒採用では「総合職」といって、会社の中核を担う存在として幅広い仕事に携わる人材を募集するのが一般的です。

さらに総合職は「事務系」と「技術系」の2種類に分けて採用が行われます。

事務系では営業、マーケティング、商品開発、企画、海外事業、宣伝、広報といった幅広い業務に携わります。

技術系は研究職や生産技術職として、理工系の専門知識・技術を生かして働きます。

したがって、事務系は学部・学科不問であることがほとんどですが、技術系については応用化学、機械工学、電気・電子工学など、理工学系の学部・学科出身者を対象とした採用が行われることが一般的です。

化粧品メーカー社員になるまでのルート

化粧品メーカーの求人の状況

大手化粧品メーカーでは、年間で数十人単位の新規採用を行っている企業が目立ちます。

大学を出たばかりの新卒者であれば、大きくは事務系と技術系に分かれ、各人の適性や能力を見極めてふさわしい部署へ配属されます。

とくに企画職や研究・開発職は化粧品メーカーの要といえる職種ですから、定期的に若い人材を入れて育てていく傾向があります。

営業職も若手が配属されやすい部署ですが、外資系メーカーの場合はセールス経験豊富で即戦力になる中途採用を中心に配置することがあります。

また、化粧品メーカー特有の美容部員(販売職)も、多くの人材が求められています。

企業によっては派遣社員中心の採用となっていますが、大手化粧品メーカーでは正社員として採用されるチャンスもあります。

化粧品メーカーで働くための学部・学歴

化粧品メーカーへの就職を目指すのであれば、大学まで進学しておくほうがよいでしょう。

大手化粧品メーカーは就職先として根強い人気があり、倍率も高くなりがちです。

大学在学中から業界研究や企業研究をよくしておくとよいでしょう。

化粧品メーカーの新卒採用では「総合職」として一括採用されるのが一般的で、文系を対象とした「事務系職種」と、理工系職種を対象とした「技術系職種」に分類されます。

具体的な学部名までは問われない場合が多いものの、どちらの道へ進みたいのかは早く考えておく必要があります。

技術系の場合は、自身の専攻分野が配属に直結する場合もあり、応用化学、機械工学、電気・電子工学などを学んでいる人は有利になる場合があります。

化粧品メーカー社員になるのに有利な資格はある?

化粧品メーカーに就職するうえで、必要とされる資格はとくにありません。

業務に関連する資格として、「日本化粧品検定」「化粧品検定」「スキンケアアドバイザー」などがあるものの、未経験者が入社前の時点でこれらを取得している例は多くありません。

入社後、スキルアップなどを目的として各種資格の取得を目指すことはありますが、就職活動時には資格がなくても問題ないといえます。

近年は海外展開に力をいれる化粧品メーカーも増えているため、高い英語力や他の外国語力をアピールする資格があれば、プラス評価を受けることはあるかもしれません。

もし外資系メーカーを志望するのなら最低でもTOEIC750点程度以上のレベルは必要になります。

化粧品メーカー社員に必要な資格やスキルはある?

化粧品メーカー社員に向いている人

化粧品メーカー社員に向いているのは、まず自分自身が化粧品や美容に興味がある人です。

化粧品が好きであれば、普段から他社の化粧品についても細かく観察し、自分の仕事に生かせます。

「化粧品をつくる」という化粧品メーカーでの仕事に、前向きに取り組めるでしょう。

また、化粧品を通して人を美しくしたいと思えることも大事な要素です。

お客さまが何を求めているのかを考えて、たくさんの人々に美を提供し、笑顔にしたいと思える人は、化粧品メーカー社員の適性があります。

さらに化粧品は食品と同様に安全性を重視して製造しなくてはなりませんから、責任感や使命感があるかどうかも大事になってきます。

化粧品メーカー社員に向いている人・適性

化粧品メーカー社員のキャリアプラン・キャリアパス

総合職(事務系)で入社した場合、まずは営業職として経験を積み、そこから各業務に配置転換されてキャリアを磨いていくことが多いです。

幹部候補生としての成長が期待されるため、数年でのジョブローテーションが行われたり、日本各地あるいは海外に拠点を置く企業の場合は、転勤が発生することもあります。

総合職(技術系)で入社した場合には、自社の研究所や工場といった技術拠点において研究開発業務に携わりますが、専門性の高い業務内容となっていることから、一つの職場で長く働くことも珍しくありません。

ただし、技術系であっても企業によっては国内外への転勤を命じられることもあります。

国内の大手企業であれば、入社3~5年程度でチームリーダーや主任レベルに昇進し、そこから係長、課長、部長といった形でキャリアアップしていくのが一般的です。

一方、外資系メーカーでは実力次第で、若いうちからマネジメントのポジションに抜擢されるチャンスがあります。

化粧品メーカー社員は高卒から目指せる?

総合職として幅広く専門的な業務に携わっていきたいのであれば、基本的に「大卒以上」の学歴は必須です。

百貨店などでお客さまに商品を販売する「美容部員」については、高卒者でも受け入れている企業があります。

ただし美容部員は正社員ではなく契約社員からのスタートということも多く、派遣社員やアルバイトとして働いている人が少なくありませんから注意してください。

美容部員の仕事

化粧品メーカーへの転職を検討するなら、転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で化粧品メーカーを目指す場合には、転職エージェントに登録しておくのもおすすめです。

メーカー分野に強い転職アドバイザーから、業界情報を聞くことができたり、化粧品メーカーの「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っている、そもそも化粧品メーカーが自分に合っているか不安という段階でも、専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができます。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20's」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ登録して気軽に相談してみてください。