パタンナーのやりがい・楽しさ・魅力

パタンナーのやりがい・楽しさ

自分の手掛けた作品が世に出ること

パタンナーは、自分自身が舞台の表側に立つことはありません。

裏でコツコツとものづくりを支える職人色の濃い仕事ですが、自分が携わった服が形となり、世の中に広まっているのを見たときは、非常に大きな達成感が味わえます。

たとえば街を歩いていて自分の手がけた服が飾られていたり、誰かが手にとってくれているのを見たり、あるいはテレビや雑誌などのメディアに取り上げられることもあるかもしれません。

たとえ自分の名前が表に出ることはなくても、自分のプロとしての仕事が形になったのを見ることは、パタンナーを続けるうえでのやりがいにつながります。

仲間とものづくりをする達成感

パタンナーは多くの仲間と協力して服を作っていきます。

とくに深く関わるのはデザイナーです。

デザイナーが上げてきたデザインをもとに、そのイメージをどう形にしていくのか、パタンナーはパターンを起こし、デザイナーと相談しながら素材を選定し、さらには製造工場や生地・ボタンの専門会社とも何度も打ち合わせを重ね、一着の服を作っていきます。

服は大勢の人の協力なくして完成させられません。

専門知識と技術を持った人たちが知恵と能力を結集し、イメージ通りの服を仕上げることができたときは毎回達成感を味わえます。

経験を積んでキャリアアップ

パタンナーとしての経験を積むと、業界のあらゆる場で活躍できるようになります。

高いスキルを持ったパタンナーであればどの企業でも引く手あまたの状態になりますし、デザイナーが独立する際に力のあるパタンナーを引き抜くことも少なくありません。

また、なかにはデザイナーから直接「パタンナーは○○さんを希望したい」と指名されることもありますし、海外のデザイナーや縫製工場から声がかかる人もいます。

このようにキャリアを積みスキルを身に付ければ、独立して自分で思うような仕事を突き詰めていくことも可能です。

パタンナーはすぐ一人前になれる仕事ではありませんが、コツコツとキャリアを磨いていけば、幅広い活躍のチャンスを掴むことができます。

パタンナーの仕事内容

パタンナーの魅力

仕事が認められたときの喜び

パタンナーはデザイナーがおこしたデザイン画から型紙を作り、サンプルをモデルが試着して、イメージ通りに仕上がっているかをチェック(フィッティングといいます)します。

この瞬間はまさに、パタンナーにとって緊張の一瞬です。

このチェックが無事終われば、その型紙から実際の製品が生産されていくことになるので、OKが出て自分の仕事が認められた瞬間はパタンナーにとって最も嬉しいときでもあるのです。

ブランドづくりの一翼を担う

ファッションブランドのテイストや雰囲気を背負っているのは、デザイナーだけではありません。

デザインから製品づくりをしていくパタンナーのテイストや好みなどもファッションブランドに色濃く反映されるので、実際にはパタンナーがブランドを背負っているという人もいます。

年配層向けの服を専門に作っているメーカーに、若者向けのデザイン画を渡して製作を依頼すると、どことなく年配向けに見える製品になるといわれているのも、パタンナーの好みや考え依存するところが大きいからでしょう。

パタンナーのみならず、ブランドづくりの一翼を担うことはファッション・アパレル業界で働く人にとっての誇りです。