テキスタイルデザイナーのやりがい、魅力

自分のセンスを発揮できる

テキスタイルデザイナーをめざす人の多くが、デザインやコーディネートに興味があって芸術的なセンスに自信を持っています。

自分の才能の一つともいえるセンスを仕事に生かしていくことができれば、とても幸運なことでしょう。

頭の中にあるイメージを形にすることで、誰もが驚くような美しい模様の布や鮮やかな配色の織物を作り出すことができたときに、テキスタイルデザイナーは大きなやりがいを感じることができます。

世界中に愛されるデザインをめざして

テキスタイルデザイナーが考え出したテキスタイル(生地)が、そのブランドを代表するオーソドックスなデザインとなることもあります。

花柄や水玉、ボーダーやチェックのような定番のデザインはもちろんのこと、オリジナリティの高いプリント柄が人気を集めて長く愛される商品となることもあるのです。

自分の考え出した商品が、時代や国境を越えて多くの人に愛される。

テキスタイルデザイナーの仕事は、そんなことも夢ではありません。

思いがけない新商品に繋がることも

テキスタイルデザイナー以外にもデザインを生業とする職業としてはファッションデザイナーインテリアデザイナーがあります。

しかし、ファッションデザイナーやインテリアデザイナーが商品の全体像や完成形をイメージしながらデザインを仕上げるのに対して、テキスタイルデザイナーは全てのデザインの根幹となるテキスタイルを作り出すことを専門にしています。

ときには、自分のデザインしたものがベースとなり、他のデザイナーたちに刺激を与えて新たな商品を生み出すこともあります。

たとえば花柄の生地のブラウスが若い女性の間で大ヒット商品となったときに、お客さんの声の中から「同じ柄のスカートが欲しい」「ワンピースも欲しい」という声が寄せられたことがきっかけとなってシリーズとして展開していくこともあります。

商品の可能性が無限に広がっていくのを感じられるとき、テキスタイルデザイナーは大きな喜びを感じることができるのです。