アパレル店員の現状と将来性

アパレル店員の現状

「衣食住」という言葉があるように、いかなる時代でもファッションは人々にとって欠かせないものです。

少子高齢化や長引く景気の低迷、リーマンショックなどを理由に、アパレル業界は縮小傾向にあると言われ続けてきました。

また、ファストファッションの隆盛によって低価格商品が増加し、厳しい経営を強いられるアパレル企業も増えています。

しかしこの先、景気が回復することによってファッションにお金をかける人が増え、業界が元気になっていくのではないかと予測されています。

また、少しずつ「品質重視」の傾向が強まりつつあり、再びトップブランドの商品に目を向ける人も増えていくといった見方もなされています。

アパレル店員は、アルバイトや契約社員として働く人が多い職業ですが、業界が活性化すれば待遇改善に繋がり、正社員雇用も増える可能性があります。

アパレル店員の需要

アパレル店員は、若手が活躍する職業で、10代後半から20代前半の店員が大多数を占め、需要も多くあります。

ショップ(ブランド)によっては30代以降アパレル店員として働くのは厳しくなってしまうようですが、信頼感や高級感を大事にする一流ブランドの場合、40代や50代のベテラン店員の需要がある場合もあります。

年齢を重ねると一般的には安い価格帯の店よりも、ハイクラスのブランドのほうが長く続けやすい傾向にあるようです。

企業によっては店員から本社に異動し、マーケティングや企画、総務などの仕事に携わることも可能で、自分の意欲と考え方次第でさまざまな形でキャリアアップを目指すことは可能です。

アパレル店員の将来性

かつてアパレル店員は、「カリスマ店員」など呼ばれ多くの人から注目を集める存在となる人もいました。

しかし、近年はSNSやインターネットの影響により、かつてのようにアパレル店員事態に注目が集まることは少なくなっています。

ネットショッピングやフリマサイト、さらにAIが普及し、店員の手を煩わせず自分一人で自由に買い物をしたいという人が増えることによって、今後アパレル店員の必要性や役割は少なくなっていくかもしれません。

アパレルショップがなくなるということはないでしょうが、アパレル店員のあり方は変わっていくことでしょう。

アパレル店員の今後の活躍の場

アパレル店員と似た職業に「ファッションアドバイザー」という仕事があります。

ただ店舗で服を売るアパレル店員とは違い、その人の容姿や目的に合った服を総合的にアドバイスするファッションのスペシャリストのことです。

今後はアパレル店員も、このように適切なアドバイスをしてお客さまに寄り添ったコーディネートを選んでいくことが求められていくでしょう。

インターネットショッピングが普及していくなか、深い商品知識とファッションセンスを持ち、実店舗において売上に貢献できるアパレル店員やファッションアドバイザーは、今後も需要がある職種として活躍できるでしょう。